VALU始めてみた


VALUを始めてみました。
佐藤ダインのVALU


スポンサーリンク


VALUとは個人が上場出来る株式のようなもの…らしいです。個人の評価や信頼がビットコインという換金可能な仮想通貨によって数値化され、上場した側は株(VA)を売買することで資金調達が出来たり、購入した側はVAの価値が上がれば利益が得られるというものです。

正直なところ、人に説明出来るほどVALUについてよく分かってません。だけど、嗅覚としてこれはやっておいた方がいいなと思いました。もっともらしい理由付けをするならば、これからは個の時代になるということを皮膚感覚として感じるからです。企業による終身雇用も当たり前では無くなり、大企業に勤めたからといって安心できる時代では無くなりました。また、クリエイターと非クリエイターの境目があいまいになり、だれでも発信者となることが可能になりました。つまり、一人一人が小さなメディアということです。そうなった時に、個人の価値を高めることがこれから重要になって来るという訳です。僕の場合、漫画家として出版社を通して作品を発表しておりますが、基本的にはフリーランスの個人事業主であり、個として活動しております。そういった意味でVALUとの相性は良いと考えております。

VALUはクラウドファンディング的側面があると言われています。つまり、なにかやりたい企画や事業があった時に、それを応援したい人にVAを購入してもらい資金を調達できるというわけです。購入者側のメリットとしては購入したVAの価値が上がれば利益になる他、「○○VA以上保有している方は○○にご参加頂けます」というような優待を(設定されていれば)受けることが出来ます。

VALUを始めて10日ほど経ちますが、具体的に数値にどのような変化があったかご報告しようと思います。

これはまだ売買をしていない最初(7月14日)の状態です。

 

 

 

 

そしてこれが現在(7月24日)の状態です。

 

 

 

 

単位がBTC(ビットコイン)なので分かりにくいですが、7月24日12時現在のレートで円に換算すると1VAあたりの価値(現在値)が14日時点では301円だったのが、24日時点では2271円、同様に時価総額が14日時点では約30万円だったのが、24日時点では約227万円となりました。今の所順調に値上がりしていると言えそうです。

現時点で「○○をやりたいからそのために資金調達したい!」というような明確なビジョンがあるわけではありません。しかしながら、購入して頂いた方にメリットがあるように個人の価値(VAの価値)を高める努力をしていく所存です。もちろん、応援したいと思える人がいれば、積極的に購入もしていきたいです。これからも分からないなりに利用してみて、その過程で分かったことなどを報告していけたらと思っています。

佐藤ダインのVALU

僕がVALUを始めるに当たり、参考にしたのはこちらのサイトです。

信頼する人に投資できて運用益も得られる「VALU」。使い方とメリット・デメリットまとめとく【随時更新】
トップユーザーが解説!個人の株を売買する「VALU」の始め方。
VALUおっかなびっくりはじめました


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です