ブログで月収1万円稼ぐ方法をブログコンサルで聞いてみた


こんにちは。佐藤ダイン(@tetsurosan)です。

2018年の目標を考える」という記事で、目標の一つとして「漫画以外で月収1万円」とありますが、今回はブログで月収1万円を稼ぐための方法を書いてみようと思います。

スポンサーリンク


ブログで稼ぐ方法はネットを探せばいくつも出て来ますが、より今の自分にフィットした情報を得るために、コンサルを受けてみようと思いました。

今回、コンサルをお願いしたのは小太りさん(kobutoriniki)です。きっかけは小太りさんのブログを拝見した時に「ブログのコンサルを無料でやります」という文字が飛び込んで来たからです。これは正に僕が求めていたものだ!と思い早速申し込んだ次第です。
参照:小太りさんのブログ「こぶろぐ

とは言っても、実は実際にコンサルを受けたのは去年の10月くらいで、忙しさにかこつけてこうやって記事を書くことが今になってしまったことは完全に僕の怠慢です…。

約30分間に渡るビデオチャットで月1万円稼ぐための具体的なアドバイスを頂いたので、僕が特に重要だと思った内容をまとめてみました。伝聞型の文章だとまどろっこしいので、アドバイスを受けた上で僕の主観の文章にしてあります。

1、アクセス数アップの方法
2、マネタイズの基本
3、ブログのデザイン
4、記事の内容について
5、ファンを作る
6、継続すること

 

アクセス数アップの方法

・月1万円目指すなら月1万PVは必要

 

画像は、このブログの2017年におけるアクセス数の推移を表したものです。4月は単行本が発売されて記事もけっこう書いたのでそこそこPVがありましたが、その後ゆるやかに減少しています。2018年1月は、「このままではまずい!」と思って再び記事を書くようになり、過去最高PVになりました。平均すると月2500PVと言ったところでしょうか。なので1万PVを目標にするなら、現在の4倍は必要ということになります。なかなか道のりは険しそうです。

では、どうやってアクセスアップさせるか?

・ブログを安定させるには検索流入が大切
検索流入とは、グーグルやヤフーなどの検索サイトからキーワードを入力することでそのサイトにたどり着くことです。

例えば僕のブログの過去記事に「VALU始めてみた」というタイトルの記事があります。検索流入から閲覧される場合、この記事は「VALU」というキーワードによって検索されていると考えられます。

・上位の記事に勝てるか?
せっかく記事を書いても、同じキーワードのより優れた内容の記事があれば、自分の記事は読まれません。そこで、記事を書く前に、書こうとしている内容から、検索流入が予想されるキーワードを実際に検索サイトで入れて調べてみます。そして、他の上位の記事に内容で勝てるかどうか考えて、勝てると思ったら記事を書きます。検索で戦って上に上げていくイメージです。

・タイトルに入れるキーワードを選定する
一語で検索上位に上げるのは難しいです。ライバルが多いからです。そこで、タイトルに入れるキーワードをプラスします。

例えば、「VALU始めてみた」というタイトルを「VALU始めてみたので僕の戦略を紹介する」とすることで、「VALU」というキーワードにプラスして「戦略」というキーワードでヒットした記事の中で上位に上げるという作戦が考えられます。タイトルに検索されそうなキーワードを入れることで、徐々に検索流入が上がっていきます。

 

マネタイズの基本

アクセスアップしたところでいよいよ本格的にマネタイズ(収益化)を考えます。初心者におすすめなのは以下の3つの方法です。

Google AdSense
・楽天アフィリエイト
・Amazonアソシエイト

グーグルアドセンスは、広告を貼り、その広告の閲覧数やクリック数に応じて収益が発生するシステムです。
参照:Google AdSense

広告のサイズ、配置は人によってバラバラです。基本は、以下の5つの場所に広告を配置します。

タイトル下、最初の大見出しの上、記事中、シェアボタンの上、関連広告

基本形を基に、自分の感覚で増やしたり減らしたりします。

楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトはいわゆるアフィリエイトで、商品を紹介してその商品が購入されることによって収益が発生するシステムです。
参照:楽天アフィリエイト
Amazonアソシエイト

例えば僕の場合、漫画家である特性を生かして、「漫画家がおすすめする本当に面白い漫画10選」というような記事が考えられます。

楽天とAmazonの違いは紹介料の利率です。アマゾンだとカテゴリによって利率が細かく設定されていますが、楽天は全て1%です。アマゾンを導入しているなら楽天はあまり意識しなくても大丈夫です。


スポンサーリンク

 

ブログのデザイン

ヘッダーの画像(ブログの一番上にある画像)は最初に目に入る部分なので力を入れた方が良いです。漫画家であることを押して行きたいなら自分のイラストを入れたり、ヘッダーを新しく描いたりすることが有効です。

また、伝えたいメッセージを絞ることが大事です。

例えば、ブロガーのあんちゃさんのヘッダー画像では鮮やかなインクのグラフィックと「あそびくるう人生を君に」というシンプルで強いメッセージが印象的です(現在は変わってるみたいです)。

アドバイスを受けて、早速ヘッダー画像を変えました。

【before】

【after】

以前のヘッダー画像は単にお気に入りの写真だったのですが、現在は僕の特性を分かりやすく伝える画像にしています。「漫画家」であることをアピールするイラストと、「童貞」というメッセージです。「童貞」をアピールすることって童貞マインドに反するよな…と色々と葛藤はありましたが、そこは割り切りました(笑)

 

記事の内容について

・内容に関する問題点
僕のブログの記事は思考のアウトプット系が多いのでどういう読者に届けたいのか、読者層を想定してそこに向けて分かりやすいメッセージを伝える必要があります。現状だと僕自身が最終的にどう思ったのか結論が無いことが多いです。結論を書くことでメッセージ性が強くなります。

自分の特性や興味があることを生かした記事を書くことが有効で、僕で言えば漫画家の収入や生活スタイルなどが興味を持ってもらえそうです。

 

ファンを作る

ブログのファンになってもらうためには、そのブログを書いてる人物を知ってもらう必要なあります。そのために、プロフィール記事の内容を充実させることが大事です。

アドバイスを受けて、プロフィール記事をリライトしてみました。小学生時代から現在に至るまでのエピソードを書きました。
参照:
自己紹介とブログの目的

漫画家の友人と話していて、「ダインさんのオリジナリティは顔出ししていることだと思います」と言われたので写真も多めにしてみました。

 

継続すること

ブログを続ける人は1年で3割、2年で1割程度に減少します。逆に言えば、ブログを続けているだけでライバルは減っていくということです。

ブログを辞めてしまうのであれば、無理に毎日更新とかはしなくても良いので自分のペースで続けた方が良いです。ただし、その分収益化までには時間がかかります。

 

結論

コンサルを受けてみて、全体に言えることは「読者を意識する」ということなのかなと思いました。どんな人が記事を読むのか、どうやって興味を持ってもらうか、記事を読んだ結果どう思ってもらいたいのか、具体的に読者を想像して記事を書くということです。

今後の方針ですが、検索流入を意識しつつアクセスアップを目指します。その上で、自分のペースでコツコツ記事を積み上げていこうと思います。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です