【ドコモ 白ロム】Galaxy Feel SC-04Jを買ってみた


やっとスマホを買い替えました。でも今のスマホって高いですよね。なので安く買える方法はないかな~と思って調べてみると「SIMフリー」や「白ロム」という単語が出てきました。

スポンサーリンク

 

【SIMフリースマホ】
使えるSIMカードの契約会社が限定されない端末のこと。

【白ロム】
SIMカードが入ってない状態の端末のこと。

SIMフリースマホと白ロムは実質的にはそんなに違いはないみたいです。多分。ただ、白ロムの場合は、例えば今使ってる端末(僕の場合はドコモ)のSIMを新しい端末で使おうとお思ったら、同じキャリアの端末でないと使えないらしいです。また、SIMフリースマホは新品、白ロムは中古品という扱いのようです。結論から言うと僕は白ロム端末を買ったのですが、その一連の流れを記録しておこうと思います。

僕が今回新しいスマホを買うに当たって、どのような条件で探したかと言うと、主にこの3つです。

(1)価格が3万円以下。
(2)画面サイズが5インチ以下。
(3)おサイフケータイが使える。

(2)については単純に僕の好みで、片手で収まるサイズが好きなんですよね。(3)については、主に…というか完全にモバイルsuicaを利用したいがためです。

その条件に合ったのが、ドコモの「Galaxy Feel SC-04」という端末です。僕が買った時の値段は22,000円でした。去年の夏モデルですのでそこそこ良い買い物だったかなと思います。

Amazonで注文して2日後には商品が届きました。

充電器は付いてないみたいですね。前のがあるから大丈夫なんですが。

色んな角度から撮ってみます。

旧スマホ(AQUOS PHONE si SH-07E )との違い。

旧スマホは4.3インチ。新スマホは4.7インチ。僕からすればかなりデカイです。

持ってみた感じ。

同じキャリアならSIMをブッ挿せばすぐ使えると聞いていたのですが、ひとつ問題が…

旧端末と新端末ではSIMカードの大きさが違っていたのです。

どうやらSIMの大きさには3種類あるらしいのです。具体的に言えば、旧端末で使われているのが「miniUIMカード」で新端末は「nanoUIMカード」でした。

思わぬところで足踏みをさせられてしまいました。調べてみると、無理やりサイズを変換させる(デカい場合は物理的に切る、小さければアクセサリでデカくする)ことも可能らしいのですが、ちょっと怖いので正規の方法で変更することにしました。

正規の方法とは、ドコモショップでSIMカードを再発行してもらう手続きをするということです。ただし、2000円ほど費用がかかります。というわけで早速ドコモショップへ。

閉まってた…。

気を取り直して翌日手続へ。無事、SIMカードゲットできました!

ちっちゃい方が新端末用です。

SIMカードを入れてもろもろ設定して使えるようになりました!やった!嬉しいので新端末で写真を撮ってみました。

うん…何か綺麗な気がするぞ…!

以上、ご報告でした。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です