中学時代の友人の結婚パーティーに行ってきた


昨日は、中学時代の友人(女性)の結婚パーティーに行って来ました。

同じく中学時代の友人のT君と一緒に会場に行くことになりました。この友人のT君は似顔絵イベントを手伝ってくれたり、単行本発売の際に一緒に書店回りをしてくれた友人でもあります。
関連記事:「丘の上のマルシェ」で似顔絵師デビューしました
        続・地元(茨城)パワーを感じた日

スポンサーリンク


僕の出身は茨城県なのですが、T君は当日朝に茨城から一旦車で東京の僕の家に来ることになっていました。朝9時頃、T君が僕の家に到着しました。朝5時半頃に茨城を出発したそうです。

お土産をもらいました。

朝ご飯を食べたりしながら少しおしゃべり。T君は漫画が好きなようで、僕の家にあった雑誌の「スピリッツ」をパラパラと読み始めました。『健康で文化的な最低限度の生活』を気に入ったようです。そろそろ出発しようと二人でスーツに着替えました。スーツはお互い着慣れてないのでしっくり来ないまま家を出ます。

T君「あっつい!」

そう、この日は日中25℃になるほどの気温でした。着なれないスーツと革靴、初夏のような強い日差しを浴びつつ会場のある渋谷を目指します。

12時半頃、渋谷の会場に到着しました。すると見慣れた顔が。

中学時代はベビーフェイスが売りの食いしん坊でありながら今ではすっかり中東系マフィア顔の警察官のK君でした。K君は僕の漫画にも登場しています。T君とK君は数年振りの再開のようでした。割とあっさり目の再開の言葉を交わし、記念撮影。

T君とK君は1次会からの参加でしたが、僕は2次会からの参加だったのでここで一旦別れました。

2次会がスタートするのは16時。少し時間があります。

この日、『佐藤ダインのリアルお悩み相談室』の5人目の相談者Yさんとお会いすることになっていました。待ち合わせまでの時間、渋谷の風景を撮影しました。

待ち合わせ時間となり、相談者Yさんとお会いしました。

Yさん「ブログ見てますけど毎日楽しそうですね。」

これ、何人かの人に言われました。多分、1日に起こったことを濃縮してブログに書いてるのでそう見えるだけかな~と思います。いや、もちろん楽しい事は楽しいんですが、それ以外の部分は書きようがないと言いますか。「今日は何もありませんでした。完」という訳にもいかないので。でもそれはそれで面白いのかな…。

オシャレなカフェに入り、2時間弱お話して別れました。順番に記事を書いていくつもりなので、ちょっと先にはなると思いますが、公開をお楽しみに!

そろそろ、2次会が始まる時間です。再びパーティー会場へと向かいました。だいぶ日も落ちて過ごし易い気候になってきました。会場へ着くと、参加者が集まっていました。

T君、Y君と合流し中へ。

僕「あっ…」

受付をしていたのは、僕が以前合コンをしたことがあった女の子でした。どういうことかと言いますと、この日の主役である新婦の子が主催してくれた合コンがありまして、それに僕とその受付の女の子も参加したんですね。受付をしていた女の子は新婦の友人なので、パーティーにいても全く不自然じゃないわけです。僕はその子にアプローチしたのですが、結局デートするには至りませんでした。そんな事もあって若干動揺してしまったわけです。

女の子「お名前宜しいですか?」

「佐藤です…。」

特に会話することなく入場しました。僕は結局この日その子とは話せなかったのですが、後から聞いたら僕の事を気にかけてくれていたようです。

スポンサーリンク

 

中に入ると、チェキをお願いされました。参加者のチェキを撮って、メッセージを記入してそれを壁に貼るという催しのようです。

会場は丸テーブルが数個と、回りを囲むように椅子が配置されていました。

DJブースもありご機嫌なナンバーが流れています。30代にはドンピシャのスピッツ「ロビンソン」が流れ、にわかに会場が盛り上がります。

そしていよいよ、主役の二人が登場しました。

新郎は白で全身を統一したスタイル。新婦はミニのウェディングドレスに黒のレザージャケットにハイカットのスニーカーというロックなスタイル。1次会の華やかなドレス(僕は直接見てないですが…)とはまた一味違う美しさがありました。

新郎の挨拶でパーティーがスタート。

新郎と新婦が参加者のテーブルを回ります。

新婦「てっち(僕のあだ名)イラストありがとう!皆に好評だったよ!」

ウェルカムボードをお願いされて、描かせてもらったのです。初めての経験でしたが喜んでもらえたようで嬉しかったです。記念に3人で写真も撮ってもらいました。

その後は、T君や新婦の友人とおしゃべりして楽しく過ごしました。警察官のK君は日本酒コーナーに入り浸っているようでした。食べ物はビュッフェ形式で、特にビーフシチュー(?)っぽいやつがおいしかったです。

デザートもありました。

途中、ビンゴ大会があり、カニ、牛肉、フルーツ、電動歯ブラシなどの商品が続々と当てられていく中、僕は無念のノービンゴに終わりました(笑)

僕は酒が弱くて普段はカシオレをひたすら飲むんですが、この日はおめでたい日ということもあり日本酒も挑戦してみました。甘くておいしかったです。

酔いも回ってパーティーも終盤。

ロック好きの新婦がハイスタンダードが出した18年振りのアルバム『THE GIFT』になぞらえて参加者へメッセージ。

新婦「結婚が決まって準備とか色々してる時、色んな人に「歌お願いね」とか「スピーチお願いね」とか頼んでるうちにすごい…あたし、色んな人に助けられてるんだなって思って。それでね?気づいたの。「ヤバイ、皆がGIFTなんだ!」って。」

参加者「ウェーイ!!!」

新婦「だからもうねぇ…ほんとに今日幸せです。毎日笑っていられるのってほんとにここにいる皆のおかげだし、あたしほんとに毎日幸せだなって思ってます。今日集まってくれてありがとうございました!」

ここでカメラマンの方が粋な一言。

「まだチューのシーンが撮れてないんですけど…?」

参加者がはやしたてるなか、照れながらもキスをする二人。

参加者「ヒューーー!!!!」

この日1番の盛り上がりを見せました。

 

パーティーを終え、3次会へ。新婦、僕、T君、Y君は同じ中学出身。思い出話に花が咲きました。やっぱり話題はクセの強い先生の話が一番盛り上がりました(笑)

3次会が終わり、店の前でみんなで記念撮影。そろそろ解散か…と思いきや…

新婦「私まだ飲み足んな~い!もう一軒行こう~!」

新郎は彼女をなだめつつも結局折れて次の店へ…。

T君が次の日早朝に帰る予定があり、僕とT君はそこでみんなと別れることに。
なぜかみんなで握手しあって、感動的な感じで再会を誓いました。

T君とその日の出来事を振り返りつつ、靴ズレの痛みを感じながらも僕の自宅へと戻って来た時には深夜12時近くになっていました。T君はとても疲れたらしく帰宅早々に眠りに着き、翌朝茨城へと帰って行きました。

とにもかくにも新郎、新婦の幸せそうな表情が印象的な1日でした。

改めて、結婚おめでとう!

僕もいつか結婚出来るかな…?


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です