佐藤ダインのリアルお悩み相談室 case05「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」


佐藤ダインのリアルお悩み相談室』は、漫画家の佐藤ダインが相談者と直接会ってお悩みを解決する(かもしれない)という企画です。第5回目のお悩みはこちらです。

Yさんのお悩み

「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」

とてもシンプルなお悩みです。なぜ、友達がいないのか?そしてなぜ、友達が欲しいのか?詳しく聞いてみました。

また、今回から「編集版」と「完全版」に分けて公開することにしました。これは「長い」というご指摘に対応するためです。具体的には以下のような違いがあります。

編集版ブログ(この記事)で公開。重要と思われる部分を抽出したもの。

完全版noteで公開(有料)。これまで通り、会話をほぼノーカットで全文掲載。

会話部分の文章量としては、完全版は編集版の2倍程度です。ただ、編集版だけ見て頂いてもパッケージとしては完結しています。最後にある「佐藤ダインの回答」部分も共通ですので、完全版はより深く楽しみたい方向けとなっています。

買い切り型の有料マガジンとなっており、一度購入頂くと今後追加される記事を追加料金無しでご覧頂けます。ただし、更新は不定期となります。相談が無くなれば更新しない可能性もあります(次回の更新は確定しています)。

以上をご理解頂いた上で、完全版をお求めの方は以下のリンクを参照下さい↓

佐藤ダインのリアルお悩み相談室 case05「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」(完全版)


スポンサーリンク

一週間誰ともLINEしない

─────メール頂いたんですけど、相談内容が「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」っていうお悩みでよろしいでしょうか?
Yさん:そうです。
─────じゃあですね、いつものようにYさんのこれまでのこととかを聞きたいなと思ってまして簡単なプロフィールというか、今どういった生活というかお仕事とかされてるかってお聞きしてもいいですか?
Yさん:サラリーマンで、普通に平日仕事で土日休みなんですね?平日はもちろん仕事でけっこう残業もあるので、あの~…家帰って寝るだけの生活?平日は。だからもちろんそれはまぁ別に満足してるんですけど、仕事内容にも満足してますし。ただ土日はあの~、最近は映画一人で観に行ったりとかあとアーティストなんですけど、ライブ行ったりしてんですね?休みの日は。今日もこの後ライブ行くんですけど一人で行くことが多くて、一人で行くのはもちろん楽しいんですけど、ずっとそうなんですよね、基本。友達いない…友達の定義にもよるんですけど、いないこともないんですけど…ん~~~なんでしょうねぇ?遊ぶのが一人が多かったり、ライブ行くなり、あと読者が好きなんですけど読書は一人でやることだからいいんですけど、一人でやることは読書とか映画とかライブとかで、ライブと映画は一人で行くことが多かったりして。LINEとかもほとんど来ないわけですよ。一人だけ定期的に、男性ですけどまぁ友達って呼んでもいいのかもしんないですけど、LINEする人はいるんですけど、その人ぐらいの状況なので。その人ともずーっとだらだら話す内容がないのにLINEしててもしょうがないから…ってなるとほんとに一週間誰ともLINEしないっていう状況もあれば、仕事以外で誰とも接触しない状況が一年通して少なくない。ゼロとは言いませんけど。LINEする人いますから、一人はね。でも逆に言うと一人だけなんですよ。っていう状況なので、これは他の人どんな感じで過ごされてるのかとか、どう僕は改善してけばいいのかとか、そういうことですか。

 

ここで一生骨を埋めていいのかな

─────お仕事ってどういうお仕事をされてるんですか?
Yさん:一応零細起業なんですけど、記者職というか文筆業。
─────記者?
Yさん:記者ですね。小っちゃな新聞社の記者。取材に行って外の人に会うことは多いんですけど。
─────雑誌みたいなことですか?
Yさん:そうです、はい。
─────僕、割とそういうのに興味あるというか…。
Yさん:仕事は楽しいんです、はっきり言って。だけどプライベートが充実しなさ過ぎてるっていう(笑)で、命を賭けるような仕事でもないんですよ。これが大手企業だったら仕事だけでプライベート捨てるっていう考え方もありなんでしょうけど、賃金が低いんですよ、はっきり言って。だから一生そこで食ってく気持ちがないから今は楽しいけど将来転職?僕も30で良い歳なんですけど転職考えたいとも思ってるし…何でしょうねぇ?こうしたなかでプラベート充実させたいよね、みたいな。読売とか朝日みたいな大手だったら仕事だけ楽しければ今生きてても、それはそれでひとつの考え方と思うんだけど。土日は休みほぼ取れるんで、記者とは言え。大手だと休み取れないとこもあると思うんですけど。
─────それはお金(賃金)が低いとしてどういう不都合があるんですか?
Yさん:あ~~~。
─────大手でお金高いけど時間取られてプライベートな時間取れないのが辛いっていう考えもあると思うんですよ。今は逆に時間あって食べて行けるだけのお金はあって仕事も充実してるわけじゃないですか?それはどういう不満があるんですか?
Yさん:まぁ小っちゃいとこなので部署が三つあるんですね?全部雑誌なんですけど専門分野が違うんですよ。僕の部署は同僚一人と上司一人、編集長が一人と同僚だけど先輩の社員さんが一人で。で、その編集長がいつも愚痴ってるんですよ。「うちは他と違って賃金が低い」…編集長も還暦なんですけど、まぁ多分他の良いとこと比べちゃうんでしょうけど、編集長ましてや良い時代を知ってるから、バブルが弾けたあとじゃなくてバブル時代とか知ってるから愚痴が多いんですね?その編集長といつもいるからかもしんないです。要するに「うちは賃金低いよね」って。で、社長の悪口ばっか言ってんです。それはそれで編集長の人格が良くないなって思うこともあるんですけど、それを毎回聞かされてるからここで一生骨を埋めていいのかなっていうのは染み付いちゃってんですよ。編集長の影響です。
─────上司がもし不満なんだとしたらその座を奪えばいいんじゃないですか?
Yさん:例えば…う~ん、そうねぇ…。分野が特化してんですね?いわゆる業界紙ってとこなんですけど…業界紙って分かりますよね?
─────業界紙?あんまり分かんないです。
Yさん:例えば、その業界だけの事を書く。まぁ新聞ですよ。大手だったら読売でも朝日でも社会面があれば政治面があれば経済面があるじゃないですか?だけどその経済の鉄鋼だけとかなんですね?その業界だけの新聞で。僕が例えば就職してもう6年くらい経つんですかね?6年は楽しいけど、あと30年間働いてるとしたら多分ルーティーンでつまんないんですよ。やっぱ同じことやってんですよ、はっきり言って。同じ会社ばっか取材して、多少幅は広がるけどだけど大手って幅が無いじゃないですか。常に何かあるじゃないですか。今森友、加計の問題が政治であれば、社会で人殺しのニュースが常にあれば、経済もアベノミクスが破綻したりとか常にいろんなことがあって。だけど業界紙ってもちろん業界のコレはあるけど、逆に言うとそれ以外無いし新しい商品だってはっきり言ってたかが知れてるわけです。申し訳ないけど先が読めるんですよ。「え?そんな新商品!?」みたいなことが無いわけですよ。多分、佐藤さんに聞かれて分かったのは、お金のことだけじゃなくてやりがいもこの先無くなっていくのが僕は予感しているのかもしれないです。

 

新聞社の大手に行きたい

─────それはYさんが希望してそういうことをやってるのか、記者になったら「お前この分野をやれ」って言われたからやってるんですか?
Yさん:うちの会社は他に2部門ありますけど、それが専門でやってる会社なので分かっては入ってるんですけど、ただ僕は記者にまずなりたかったんですね。大手を落ちたから小ちゃな業界紙に拾ってもらった。だからもちろん記者になりたいっていうのがあるからもちろんそれは自分で決めたことですけど、選択肢があるんであれば大手に行きたいってことですね。欲を言えば。
─────じゃあ今転職活動するとしたら大手の出版社…
Yさん:新聞社。
─────新聞社に行きたいってことですか?
Yさん:…も考え始めたって感じですね、まだ。
─────だとするとその~最初の相談内容の…例えば多少仕事に将来的に不満があるとして、大手に就職して仕事も充実してってことになったら解決するってことなんですかね?友達がいなくても仕事が楽しいからってことなのか…。
Yさん:佐藤さんないし佐藤さんの漫画もそうですけど、佐藤さん今31か2くらいですよね?
─────33ですね。
Yさん:僕も3つ下なので…(求めてるのは)彼女で、結婚は考えてないんですかね?
─────結婚はまだそんなにリアルには考えてないですね。
Yさん:僕は結婚を考え始めてるんで、それ考えたらこれは友達ではなくて女性の話ですけどいろいろ考えなくちゃいけない年齢なのかなとは思います。やっぱり大手に入ったところで、転職できたところでプライベートが充実しているにこしたことはないわけで、だから解決はしないと思うんですよ。今の方が飢餓感というか飢えてる感じ。プライベートが時間が余ってるから。プライベートが大手で忙しくなったとしてもゼロにはならないじゃないですか?たまの休みがあるわけで。そのたまの休みを一人で過ごすよりやっぱ…一人で過ごすのも僕は楽しいのでそれはそれでいいんですけど二人で過ごすっていう選択肢があってもちろんいい訳じゃないですか?っていうことなのでそれは多分ちょっと違うかなと。大手に入れば解決するってのはちょっと違うのかな。

 

地元住みだけど友達と会わない

─────今はどっちなんですかね?今欲してるものはどっちというか、友達なのか彼女なのか仕事なのかみたいな。順位をつけるとしたら。
Yさん:仕事は第3なんですよ。で、転職活動も考え始めただけなので動いてもいないし。で、これからが難しくて友達と彼女っていうのの…友達が少ないから彼女がいないのかなって考え方も出来るじゃないですか?友達の紹介もあれば、それこそ合コンも1回も行ったことないんですよ。それが誘う友達がいないっていうこともひとつの理由なので。誘ってくれる友達がいない。友達と彼女…これは甲乙つけがたい。
─────なるほど(笑)その、友達がいないっていうのはいつからの話なんですか?学生時代からの話ですか?最近ですか?
Yさん:社会人になってからですね。だから一応幼稚園を含め大学まではもちろんいることはいたんですよ。ただ、大人しめの性格だったので、だから多くは無かったし、女の子ともねぇ~中学生…高校生くらいから多少しゃべるけど、中学生の時まではほとんどしゃべって無かったんで。
─────それが最近いなくなってしまったのはどういう理由なんですか?
Yさん:だからちょっと僕が今回聞きたかったのがやっぱ途切れないもんですか?僕は途切れちゃったんですよ。理由は分かんない。
─────僕は完全に大学時代の友達はもういない…いないって言ったら失礼だけどほぼ連絡取り合わないですね。
Yさん:ご実家たしか茨城ですよね?正直僕相談して、だけど僕みたいな人って、これ勘違いでしたらアレですけど多くは無くても少なくもないって思ってて。社会人になって疎遠になっちゃう人。ただ僕の問題は埼玉出身なんですけど、今実家の近くに住んでるんです。だから小、中、高の友達と会おうと思えば会えるんです。でも会わないんですよ。佐藤さんと僕の違いはそこで、なんで僕がこうなったかが自己分析が出来てないです。
─────僕も…小、中の友達多分東京にいると思うんですけど実際会ってないし、僕が茨城に残ってたとしてもそんなに会わない気がしますね。

スポンサーリンク

一人でいるのが好き

Yさん:だから僕が今日聞きたかったのは、僕みたいな人が少なくないかもしれないって思ってたわけですよ。そうなった場合、土日どう過ごしてるんだろうなっていうのが僕の疑問なんです。
─────それこそ僕よりも、今までインタビューしてきた人とかはゲームとかアニメとかそういう別の趣味…没頭出来るような趣味があって…2回目の記事の方はほんとにゲームが好きでそういうオフ会とか開いたりしてそれが好き過ぎて、でもこのままじゃ年齢も年齢だし彼女出来ないからやばいって思って婚活始めたみたいにおっしゃってて、だからプライベートがやることが無いって感じではなかったですね、その方は。そういう趣味とかは無いってことですかね?
Yさん:いや、僕趣味はある。読書も楽しいし、すごい本ほんと好きだし、今日渋谷早く着いちゃったんで本読んでたんですよ。とにかく本の虫なので本も好きだし、音楽聴くのも好きで今日ライブに行くわけじゃないですか?僕一人でいるのが好きなんですよ。だけど友達と遊ぶっていう選択肢がゼロに近い状況ってみんながそうなのか、そうじゃない人ももちろんたくさんいるわけだけど…これは打開する必要があるのか無いのかってことですね。満足してる自分はいるんですよ、はっきり言って。
─────打開したいならすればいいし、したくないならしなければいい。世間的に友達がいる方が楽しいだろうっていう価値観に囚われる必要はないんじゃないですかね?自分の価値観で一人が楽しいって思えるんだったらそれでいいと思うし、無理に友達作る必要ないと思うんですけど。
Yさん:その~多分世間体ではないんですよ。世間体とはちょっと違って一人でいるのが楽しいんですよ。一人でいるのが楽しいんだけど二人でいるっていうか友達といるっていう選択肢がゼロに等しいっていう状況っていうのが選択肢としてやっぱり…例えばだから、それこそ10回のうち1回は友達と会って遊ぶ週末があっていいじゃないすか?それが1年で0に近くなっちゃうっていうのはちょっと違うじゃないかっていう話ですね。

 

可愛くてもつまんない子はいる

Yさん:佐藤さんの相談のブログ見ても分かるんですよ。二人目の人だったと思いますけど、要するに女の子といるのが楽しくない的な?あれ、違いました?
─────あの人は女の子といるのは楽しいけど「好き」っていう感情が急激に冷めるみたいな。
Yさん:それは誰でも良いってわけじゃなくて、ある程度共通のなんか無いと…相当向こうがタイプで綺麗とか、あるいは同じ趣味があって話が合うとかじゃないとやっぱこっちもテンション上がんないじゃないですか?同じ共通基盤が無くて話が合わなくて、しかもその子(大学時代にデートした子)可愛い子じゃ無かったんで、少なくてとも僕のタイプじゃなかったんで…ブスじゃなかったけど。となるとやっぱテンション上がんないですよね(笑)
─────ちなみにめっちゃ見た目がタイプで、でも話題合わないとかだったらどうですか?
Yさん:ある程度イケんじゃないですか?だって石原さとみとかとしゃべってるだけで楽しくないですか?
─────どうなんですかね?変に気を遣って…
Yさん:気遣うと思うけど楽しいと思いますけどね。僕もそんなに綺麗な人とデートしたことないから。
─────僕割と見た目で好きになるタイプで、それでウキウキで会うじゃないですか?でも2時間後にはテンション下がってたりするんで一概にやっぱり…人によると思うんですけど、もちろん。僕の場合は割とダメでしたね。
Yさん:それは100点満点中100点の子?
─────100点とは言わないですけど80、90くらいの子でもダメだったんでやっぱり話題とか性格とか…
Yさん:でも確かに僕も80、90とはいかなくても70くらいの子とご飯行って確かにつまんない子いましたね。そこそこ可愛いけど話が合わなくてつまんなかったなーって思い出してました。
─────合わないときついですよね、やっぱり。
Yさん:これちょっと違うかもしれないけど、その子全然しゃべんないんですよ。女の子ってしゃべる子多いじゃないですか?分かんないけど。だからマシンガントークでやってくれりゃいいのに何かこっちが話作んなきゃいけないのがメンドくさいんです。すごい馬鹿なこと言ってんのかな、俺。
─────ははは(笑)それはガールズバー行った時に思いましたけど、ガールズバーはお金払って楽しませてもらうお店じゃないですか?こっちがお客さんとして。でも対等な立場だとしたらそれは求めすぎなんじゃないですか?相手がマシンガントークでしゃべって欲しいっていうのは分かるんですけど、それはお互いの共同作業だから。
Yさん:ただその子はとにかく大人しい子だった。周りの女友達とかの評判聞いても「ほんと大人しいね」っていう感じだったんで。あまりにもこっちが色々しゃべってる感じになった。
─────しゃべってくれる女性の方がいいんですか?明るくていつも話題を振ってくれたりとか。大人しいタイプが好きな人もいると思うんですよ。
Yさん:僕ね、大人しいタイプの方が見た目は好きなんだけど、性格的にはその子で違うなと思いました。

 

彼女はそんなに求めてない

─────彼女がいたことはあるんですか?
Yさん:ありますね、一応。
─────それはいつぐらいですか?
Yさん:大学出てアルバイトしてたんですよ。フリーターで。そのアルバイト先で会ったんで。付き合い始めたのは6年ぐらい前です。
─────何のバイトをされてたんですか?
Yさん:飲食店ですね。
─────居酒屋みたいな?
Yさん:ファストフード店なんで居酒屋では無いです。
─────それはどうやって仲良くなったんですか?
Yさん:暇な時とか色々しゃべってたりしたんですかね。お客さんが来ない時とか。あとは、深夜タイムが二人で回す感じだったので閉店の時に二人になったりとかありましたし。そんな感じです。
─────じゃあ普通にしゃべったりとかできるわけですよね?女の子と。
Yさん:出来るかなぁ…はい。
─────だとしたら行動したら(彼女)出来ると思うんですけど、最近そういう活動とかされてるんですか?
Yさん:みなさんどうやって…基本はあれですか?街コンですか?
─────僕も探り探りなんですけど、まだ(彼女)出来たことないから分かんないですけど、色々方法はあると思います。街コンだったり…
Yさん:何が一番アレ(成功率)が高いのかなって思って。
─────それは分からないんですけど、いろいろ試してますけど分からないですね。でも選択肢はいっぱいあった方がいいんじゃないですかね?
Yさん:いろいろ行動するってことですよね?
─────そうですね、多角的に攻めた方が確率は上がると思いますけど、単純に。
Yさん:1回だけ、あれ街コンになるのかな…?1回だけ参加したことあるんです。20対20ぐらいだったのかな?だけどマッチング出来なくて…。とにかくトライ&トライで何度も何度もやった方がいいってことなんですかね?
─────だからそんなに求めてないっていうのが本音なんじゃないですか?
Yさん:そうです。そうそうそう。
─────割と満足してて、でもちょっと物足りないみたいなことですか?今の生活が。
Yさん:(彼女が)いるかいないかだったらいた方がいいじゃないですか?

 

お金投入して損にならないか不安

─────あると思うんですよね、方法は。オフ会に行くとか。(ライブ)会場で声掛けてみるとか。一人でいる人に。ハードル高いと思うんですけど。
Yさん:それってでも…
─────一人を楽しみたくて来てる人もいるから難しいですね。
Yさん:需要と供給がマッチングしない気がするんだよな。
─────だからTwitterとかで呼びかけるとか。「明日こういうライブ行くんですけど一緒に誰か行きませんか?」とか。僕、ウエストランドっていう芸人さん好きなんですけど「ウエストランドのトークライブの後飲み会やりませんか?」って言ったら、全然知らない人ですよ?そこで初めて会って飲み会やったりしましたし。
Yさん:じゃあトライ&トライかぁ。なんか僕けっこうケチな性格なので出会い系とかあぁいうのってちゃんと出会えればいいんですけど、なんかそれこそ課金じゃないけど、自分がお金投入して損にならないかとか不安なんですよ。
─────無料で…
Yさん:もちろん有料でもいいんですけど、有料だとほんとに元がとれてんのかなって思っちゃうんですよ。ちゃんとリターンがあればいいんですけど。
─────元は…継続してやり続ければ結果は出ると思うんですよ。僕は割とめんどくさくなっちゃったんで投げ出しましたけど、例えばそのマッチングアプリだったら「いいね」みたいのを女性に送って、相手がそれに応じて「いいね」くれたらマッチングしてトーク出来ますみたいな大体システムなんですけど、大体トークって続かなかったりするんですよ、途中途切れちゃったりとか。それって萎えるじゃないですか?そういうのも何人も同時にやったりとかする作業を毎日1回ログインしてやるみたいのを継続してやればデートしたりとかまで行けると思うんですけど、そういうのがメンドくさいんだったら多分やらない方がいいと思いますけど。
Yさん:そういう場合は、僕も色々調べなくちゃいけいですけどやっぱ街コンとかですか?
─────何を求めるかによると思うんですけど。
Yさん:取り敢えず出会いですかね。
─────だとしたら街コンはいいと思いますけどね。一度に連絡先交換出来て、でも感覚的にはやっぱり1回街コンに行って1人とデート出来るかどうかみたいな感じなんで決してコスパは良くないんですよ。7000円くらいかかるんで。もしかしたら出会えないかもしれないし。っていうリスクがあるから。マッチングアプリだったら月3000円くらいである程度プロフィールとか知った上でアプローチ出来るっていうメリットありますけど、街コンは一応実物と会って話してみた感じとかでこの子良いなって思ったら連絡先交換出来るっていうメリットはあります。
Yさん:一長一短ですね。

スポンサーリンク

持ち札がゼロなんです

─────やっぱり受身の姿勢だと広がりって出来づらい気がして、主催する側に回るとメリットというか人が寄ってきたりとか新たな人脈とか作れると思う。それを口実に人を呼べるっていうか。花見も先輩に「そういうのやってみれば」みたいに言われて、やってみるかと思って普段やらないけど主催してみようと思って色んな人に声かけて、普段連絡とか取りづらい人にも連絡して、来てくれたりもするし。
Yさん:それは元々知ってる人なんですか?
─────知ってる人なんですけど、普段連絡取らない人に連絡したりとかいう…それを口実にって言ったら失礼だけど。
Yさん:何繋がりで会ってた人なんですか?僕はそれが枯渇しちゃってるんですよ。仕事の人にするわけにいかんし。仕事の人も年配の人ばっかだから、同じぐらいの年齢だったらプライベートで会っても楽しいかもしれないけど。社長さんとかだったら会っても意味ないじゃないですか?50、60のオッサンですから。仕事関係使えなくて、学生時代の友達も枯渇しちゃってる状況だと持ち札がゼロなんですよね。
─────それはだから、色んなコミュニティに…花見だったら同じ(ところで)連載してた作家さんに声掛けたりとか、あとは合コンで知り合った…それは男性ですけど。とか前のアシスタント先の先輩とかその時々自分が所属してたコミュニティとかで知り合ってそんなに仲良くないけど連絡先知ってるくらいの人でもそういう大人数の飲み会とかだったら誘えると思うんですよ。「こういう飲み会やりたいんで来てくれませんか?」みたいな。そこでその人が友達連れて来たりするじゃないですか?そこで新たな繋がりが出来たりとか。どんどん広がっていくと思うんですよね。そういうのを受身の姿勢で「誰か誘ってくれないかな?」って待ってると出来ないと思うんですよ。だから同じアーティストを好きな繋がりを作りたいんだったらTwitterでそういう人探してフォローして話しかけてみたりとか。で、微妙な繋がりが出来るじゃないですか?じゃあ「次のライブ一緒に行きませんか?」とか出来ると思うんですよね。
Yさん:そうか、そういう使い方があるんですね。佐藤さんは多少パイがあるんですよ。持ち札があるんですよ。でも僕はゼロなんですよ。そこが若干違う気がするんですよね。
─────例えば相互フォロー状態になったらある程度お互い興味あるわけじゃないですか?社交辞令だとしても。で、共通の趣味があるんだとしたら話しかけるのは不自然じゃないと思うんですよ。
Yさん:多分僕がデジタルを使いこなしてないんでしょうね。すごい度胸いりません?
─────度胸いらないと思います。だって元々知らない人だから無視されたら無視されたでいいじゃないですか?そこで何もストレス無いですよね?別に同じ趣味だからと言って興味無ければリプライ送らないし、仲良くなりたいと思うんだったら自分からリプライすればいいと思うんですよね。それはすぐ出来るじゃないですか。
Yさん:佐藤さんはけっこうやってきたってことですか?
─────いや、僕はやらないですけど。だから無名だからとかじゃなくて出来ることだから。

 

何から手をつければいいか分からない

Yさん:選択肢がちょっと多すぎるんですよね。何から手をつければいいか分からない。
─────何を一番求めてるかによるんじゃないですか?
Yさん:出会いじゃないですか。
─────女の子ですか?
Yさん:かな~。親友ってなかなか見つかんなくないですか?それを求めるよりやっぱり異性を求めた方が比較的見つけやすい答えなのかなとか今思ってますけどね。最初に仕事と彼女と友達と優先順位って言われましたけど、一番は彼女なのかなって。
─────だとしたら彼女作るために具体的にどういう方法あるかなって考えてみてそれをひとつずつやっていけばいいと思います。それでうまく行かないこともあると思うんですけど、それで自分に何が合ってるか分かってくると思うんですよね。
Yさん:アプリなり街コンなり色々ってことですよね。
─────それが億劫みたいのはあるんですか?めんどくせーみたいな。
Yさん:億劫じゃなくて、何でもあるわけじゃないですか?アプリだっていっぱいあるわけじゃないですか。リアルなやつだって結婚まで考えてるなら婚活パーティーだってあるし街コンもあれば相席居酒屋とかいっぱいあるわけじゃないですか?どれをやってけばいいんだろうっていう。多分手当たり次第っていうのが答えなんでしょうけど。
─────何か基準を決めちゃえばいいんじゃないですか?値段で決めたらじゃあマッチングアプリだったら3000円で出来るとか街コンだったら7000円かかるから、じゃあ安いものからやってみようとか。
Yさん:重要なものを選べばいいってことですね。
─────何かひとつ基準を決めて。一度に出会える人数を重視するのか。相席屋とかだったら2人とかになっちゃうから一気にいろんな人と知り合いたいんだったら街コンとか。
Yさん:じゃあマッチングアプリから始めてみますかね。

 

マッチングアプリは胡散臭い

Yさん:ちなみに佐藤さんどれくらいやってたんですか?途中で飽きちゃったっておっしゃいましたけど。
─────なんか途切れ途切れというか、んで色んなアプリやってみたりとかなんで一概に言えないですけど多分半年位やってたんですかね。
Yさん:でも結果ゼロですか?
─────いや、二人ぐらい会いましたけどね。根気がいりますね。やらなかったらやらなかったで済んでしまうから、であれば強制的にもうその日しか無いみたいな、街コンだったら「この日やります!2時間だったら2時間!」で、結果出さなきゃいけないからある意味プレッシャーになるというか、自分に。マッチングアプリは誰に急かされるわけでもなくただ3000円持ってかれるだけなんで。そういう意味では自分がどっちが合ってるか考えた方が良いかもしれないですよね。
Yさん:定額なんですよね?3000円は。
─────「いいね」押せるのも限られてるから、だからこそ課金制があるというか、スマホゲームみたいに。もっと「いいね」押したいみたいになったら金払わないとダメですけど一定の範囲内だったら定額です。
Yさん:僕が思ったのは何かネットで検索してもどれも胡散臭いんですよ。
─────じゃあ止めた方がいいんじゃないですか?ネットが嫌なんだったらネットじゃ無い方はいっぱいあるから。多分どこかでめんどくせーって気持ちがある気がするんですよ。
Yさん:僕猜疑心が強くて、それこそあれなんですよ。街コンとかだとサクラとか考えちゃうんですよ。
─────多少いるでしょうけどそれは仕方ないですよ。僕デートとか人と会うの得意じゃないけどけっこう楽しいんですよ。出会いの場のその瞬間は。どんな人がいるのかなとか、けっこう楽しいから行ってみるのはそんなにデメリットは無いと思いますけどね。ダメだったとしても。
Yさん:そっか。分かりました…。(微妙な間)はい(笑)
─────けっこう楽しいと思う。非日常感というか。女性も出会いを求めてるわけだから決して拒否られたりはしないんですよ。「ちょっと今忙しいんで」とかは言われないし。普通のナンパとは全然違うから。普通に話せるし楽しいと思うんで。

 

深いとこで繋がってないと共感し合えない

Yさん:(お悩み相談の)2回目のやつでせっかく向こうが好きだっていうのをこっちが予習してきたのに反応が鈍いみたいなありませんでした?それで二人(僕と相談者)はいろいろ言われてたんだけど、僕ちょっと女の子の気持ちが分かって、例えば僕が女性でウエストランド調べてきたとするじゃないですか?でもウエストランドの上っ面の評価あげられても佐藤さんがテンション上がるかってことだと思うんですよ。深い評価で言えば別ですよ?上っ面でウエストランドのネタを軽く見ただけとかを言われても多分その人ってテンション上がんないんじゃないかな。深いとこで繋がってないと共感し合えないじゃないかっていう。ってなるとオタク(街コン)もダメになっちゃうから。何かマイナス思考なんですかね?マイナスが目についちゃってるんですかね?
─────お話を聞いてるとその傾向がありますよね。「でもこの部分はダメですよね?だから…」みたいな色々理由をつけてやらない理由を探してるように聞こえちゃうというか。
Yさん:そこを改善してとりあえず動いてからやれってこと…
─────うなく行かない可能性もあるけど、行ってみてうまく行くかもしれないからマイナス面ばかり考えてもしょうがない。
Yさん:ってことですよね。分かりました!とりあえずマッチングやろうかな。
─────結局そっちなんですか(笑)
Yさん:マッチングはちなみに写真は出すんですか?
─────出しますね。
Yさん:佐藤さん、ちなみに(顔は)モロ出すんですか?
─────モロ出しです。僕は。
Yさん:これもまた出来ない理由に数えられちゃうかもしれないですけど、知ってる人にバレ…
─────(笑) それはもう覚悟の上ですよ。バレてもいいやって思ってるし。
Yさん:最悪隠すためには角度つけて言い逃れ…
─────引きの画で撮ったりとかいう人もいますけどそれってあんまりイメージ良くないんで、もしマッチングの確率上げるんだったらモロ出しの方がいいと思います。至近距離の。
Yさん:勇気あるなぁー。
─────でも同性は同性を調べないじゃないですか、基本的に。女性の知り合いにバレるのが嫌かどうかですよね。女性の知り合いにバレたとしてもそれを馬鹿にしてくるってことはまずないじゃないですか?男同士だったらあるかもしれないけど。女性に万が一見つけられたとしても言ってこないと思うんですよね。自分もやってるわけだから。見つけたってことは。それを馬鹿にするってことは自分も…
Yさん:ブーメランってやつですよね。
─────別に無いですよ、怖いものは。
Yさん:はい。がんばろ。正直半分答えは出てはいたんです。ただちょっと改めて第3者の声を伺いたくてですね。はい、ありがとうございます。

スポンサーリンク

元カノとの結婚は一切考えなかった

─────結婚されたいんでしたっけ?
Yさん:したいっちゃしたいですかね~。
─────子供も欲しい?
Yさん:う~ん、どうなんだろうな~。正直僕も女性経験少ないんでもうちょっと遊びたいというか色んな経験したいって気持ちはあるんですよ。同年代の人と結婚するってなると子供も考えると35じゃないですか?ひとつ区切りとして。もちろん35以上でも子供埋めますけど。同世代の人と結婚すると仮に仮定した場合35になっちゃうので、35で結婚するとなると33ぐらいで出会い始めた方がいいじゃないですか?ってなると30なんで、僕が。残り3年ぐらいで女性経験多少積んで33ぐらいで結婚を考える人と付き合って…
─────それはじゃあ間に2、3人犠牲を払ってってことなんですか(笑)「1人目では結婚しないぞ」みたいなことなんですか?次付き合う子とは結婚しないみたいな。
Yさん:前付き合ってた子とは結婚は一切考えなかったです、はっきり言って。27で別れたんで3年前に別れたんですけど、27だから結婚考えて無かったっていうのもあるんですけど付き合ってて楽しいんだけどやっぱそれとちょっと違ったので、だから付き合ってたとしても結婚まで考えるかっていうと別で、もちろん次付き合った子と結婚まで考えられたら別だけど、そうじゃない可能性も往々にしてあるなってことです。
─────何年付き合ったんでしたっけ?
Yさん:けっこう長いです。3年くらいです。
─────へぇー!一緒にいて楽しいけど結婚は考えられないみたいな?
Yさん:うーん。
─────どういう面でそれを感じたんですか?経済的な理由なのか、性格とか?
Yさん:単純に、その子と子供がいてその人が奥さんでっていうのが想像できなかったんじゃないですか?僕が。ちょっとやだなって思ったんでしょうね。

 

おっぱいってこんな柔らかかったんだ

─────ちなみに童貞ではないんですよね?
Yさん:童貞ではないです。
─────なるほど。素晴らしいです。
Yさん:まぁでも…。
─────そんなにいいもんではないですか?
Yさん:すっごい変な話していいですか?
─────はい。
Yさん:超ドギツイ下ネタなんですけど…。ちょっと恥ずかしいな。ライブって月1か2週間に1回行くわけですよ。ライブってそこそこ混雑してるから女性とかが後ろ通ったりすると、故意じゃないですよ?たまたまおっぱいが当たったりするじゃないですか?当たったりするんですね?肘とかに。もう3年ヤってないから「おっぱいってこんな柔らかかったんだ」って。忘れてるというか。だから僕が言いたいのは付き合ってる時が3年付き合ってたから慣れがくるんですよ。だから慣れてくるとそれもまたルーティンって言葉使っちゃいますけど、ルーティンになって良さが減ってくるんですよ。同じ相手とずっとヤってるし。
─────それは結婚してる友達も言ってました。全然もう奥さんをエロい目で見れなくてセックスも義務的にやってるみたいなことを言ってましたね。
Yさん:3年だとけっこう長いですから一人の方がテンション上がったりしますよね。だけどライブとかおっぱいが当たったりするとおっぱいの柔らかさに気づいて、こんな楽しいこと3年もしてないのかって思ってすごいテンション下がりました。
─────それは良い事じゃないですか(笑)
Yさん:こんな柔らかかったっけって思って。
─────あの頃のトキメキをもう一度取り戻しに(笑)
Yさん:やっぱり悪いことではないなって。だけど、初めてはこんなもんかって思いました。

 

以上がYさんとの会話です。それでは、改めて僕の回答をまとめます。

 

Yさんのお悩み

「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」

佐藤ダインの回答 「まず行動して下さい」
まず、Yさんの気持ちを整理するとこういうことかと思います。

仕事に関して
「今の仕事は現状満足している。だけど、将来的にはルーティン化してつまらなくなりそう。出来れば大手の新聞社に入りたい。」

友人、彼女に関して
「1人の時間は楽しい。だけど、2人で過ごす時間も欲しい。」

そのお悩みの回答は非常にシンプルで、「まず行動して下さい」という一言に尽きると思います。では、その行動の足かせになっているものは何かと言えば、「現状にそれなりに満足している」ということなのかなと思います。仕事に関しては、サラリーマン時代の僕の例で言えば、入社してからずっと「いつか辞めてやろう」と思っていました。それでも4年半我慢して、やっと辞めました。現状に満足していなかったからこそ出来た行動とも言えますが、今ではもっと早く辞めれば良かったと思っています。だから、現状すでに何かしら違和感を感じているのであればすぐにでも転職活動をすべきではないかと思います。

また、友人に関してですがこれも僕の例ですが、社会人になるとそれぞれに専門性が出てきて昔の友達と会っても趣味や価値観にズレを感じますよね。それを僕は大学の時の友人と会って思いました。でも、中、高時代に仲が良かった人は今でも仲が良かったりします。そう考えると、現状、地元や大学時代の友人と縁が切れているのであればそこから再び仲良くなることは難しいのではないかと考えます。

となると、新たに友人を作るという話になります。大人になってから仲良くなるにはやはり共通の趣味や好きなものがあると良いと思います。僕の例で言えば、漫画業界の人であれば初対面であってもそれなりに共通の話題がありますので仲良くなりやすかったりします。では、具体的にどのような方法を取るか?例えば、僕はアイドルも趣味のひとつですが、一緒にライブに行く友人がいます。その人とどうやって出会ったのかと言うと、mixi時代にチケットが余ったので同行者を募集して、応募して来てくれた人です。7年前ぐらいに出会って今でも付き合いがあります。

今であれば、Twitterを利用するのが良いのかなと思います。会話の中にもあるように、相互フォローし合って仲良くなる方法や、思い切ってライブの同行者を募っても良いと思います。また、ハードルは高いかもしれませんが、現場で友達を作るのも不可能では無いと思います。音楽のジャンルにもよると思いますが、例えば、ランダム性のあるグッズを交換したりとか(僕も実際やったことあります)、同じTシャツとか推しの人に話しかけるとか。逆に、グッズを買うために並んでいたら、初対面の人に話しかけられて開演までおしゃべりをした経験もあります(その後、Twitterを相互フォローした)。ぼっちの人は狙い目です。同性であればそんなに不審な行為では無いと思います。

次に、彼女作りに関してです。「35で結婚するとなると33ぐらいで出会い始めた方がいいじゃないですか?」という発言から察するに、やはり現状すぐにでも欲しいというよりは、「彼女がいた方がいいけど行動するのはめんどくさい」というのが本音では無いかと思います。もしすぐにでも欲しいのであれば、「手段がいくつもあってどれから手をつけて良いか分からない」という言い訳をせずにあらゆる手段を行使するはずだと思います。また、ノーリスクでなおかつ高確率で出会える手段というのは存在しません。いや、あるのかもしれないけど僕は知らないし、ベストな出会い方は人によって違うと思うからです。同じく、趣味や価値観が100%マッチする人と1発目で出会いたいと言ってもそれは確率論的な話なので絶対は無いです。僕もそれなりの人数の女性と知り合いましたが、本当に趣味や空気感が合って、落ち着いて話せたのは2人だけでした。

ということは、ある程度のリスクを取って行動するしか無いということになります。猜疑心が強くて、初対面の女性と話して楽しめるか不安ということであればやはりマッチングアプリをオススメします。デートにたどり着くまでには根気はいりますが、相手のプロフィールや顔を事前に知れるし、メッセージをやり取りする中で相手の性格や趣味、マメかどうか、どの程度自分に興味あるかなどが分かります。僕も実際に数ヶ月利用したことがありますが、明らかにサクラだと思ったのはごく一部で大多数はリアルなユーザーだと思います。かつての出会い系のようなアングラ感は無くて、登録も年齢確認で証明書が必要などシビアになっています。

以上が僕の回答となります。

さて、『佐藤ダインのリアルお悩み相談室』ではお悩み相談をして頂ける方を随時募集しております。募集記事を参照の上、お気軽にご応募下さい。それでは、次回もお楽しみに!

【これまでのご相談】
case01「株や仮想通貨で資産が少なくとも数千万円ありますが彼女がいません。どうすれば彼女が出来ますか?」

case02「街コンやデート、LINEをしているとその女性を好きなのかわからなくなることがあり、婚活などに参加するようになって丸二年になるが、全く彼女ができずとても悩んでいる」

case03「地下アイドルの応援の仕方について話したい&ネットを使って生きるにはどうすればいいか」

case04「結婚して出産したいが、相手探しの具体的なストーリーを描けない &人生の目標がない」


スポンサーリンク


「佐藤ダインのリアルお悩み相談室 case05「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」」への4件のフィードバック

  1. ダイン先生、さすがです!
    ご回答も的確で、思わず頷きながら読んじゃいました。
    お悩み相談の聞き手にも挑戦してみたいなと思いながら読み進めていたので、ちゃんとアドバイスできるのがすごいなあって…
    ちなみに、こちらの相談者さん、私のイベントに来てくださったらコスパと質の良い、満足度の高い出会いをご提供できる自信があります。約束します!

    私信です↓
    昨日、かなちゃん大活躍でしたよ!

    1. >A子さん
      コメントありがとうございます!
      A子さんはコミュ力高いし、相手をポジティブに楽しくさせる力があると思うので聞き役も向いてると思いますよ!
      どんなイベントでしょうか?今度教えて下さいね(^_^)

      イベント行けず、すみません。
      またの機会に是非!

  2. 某2回目の人です笑
    この方は何かと理由をつけて行動を起こさないので、危機感を口にしてる割にはそんなに危機感を持ってないんだなって感じがしました。
    他人と交流がないのも自分の世界を他人に見せるのが嫌なんだろうなって気がしました笑
    今度は飲みに行きましょう!メールで連絡しますねー

    1. >しんたろーさん
      コメントありがとうございます!
      そして、何度も例に出してすみません(笑)

      確かにそういった面もあると思うのですが、こうやって相談して頂いたということは現状を変えたいという
      気持ちはあると思うんですよね。今回の相談が行動のきっかけになれば嬉しいです。

      是非、またお会いしましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です