佐藤ダインのリアルお悩み相談室 case07「引っ込み思案な性格を直したい。今の仕事で収入を上げたい。」


佐藤ダインのリアルお悩み相談室』は、漫画家の佐藤ダインが相談者と直接会ってお悩みを解決する(かもしれない)という企画です。第7回目のお悩みはこちらです。

B子さんのお悩み

「引っ込み思案な性格を直したい。今の仕事で収入を上げたい。」

今回は珍しく(?)恋愛の相談ではありません。フリーランス歴5年目の先輩ということで、僕自身が勉強になるお話をたくさん聞けました。

記事は「編集版」と「完全版」があります。これは「長い」というご指摘に対応するためです。具体的には以下のような違いがあります。

編集版ブログ(この記事)で公開。重要と思われる部分を抽出したもの。

完全版noteで公開(有料)。会話をほぼノーカットで全文掲載。

会話部分の文章量としては、完全版は編集版の2倍程度です。ただ、編集版だけ見て頂いてもパッケージとしては完結しています。最後にある「佐藤ダインの回答」部分も共通ですので、完全版はより深く楽しみたい方向けとなっています。

買い切り型の有料マガジンとなっており、一度購入頂くと今後追加される記事を追加料金無しでご覧頂けます。ただし、更新は不定期となります。相談が無くなれば更新しない可能性もあります。

以上をご理解頂いた上で、完全版をお求めの方は以下のリンクを参照下さい↓

佐藤ダインのリアルお悩み相談室 case07「引っ込み思案な性格を直したい。今の仕事で収入を上げたい。」(完全版)


スポンサーリンク

ゲームイラストの線画と着彩を担当している

━━━━━相談の内容が、「引っ込み思案な性格を直したい。今の仕事で収入を上げたい。」ってことで宜しいですか?
B子さん:はい。
━━━━━簡単なプロフィールを教えて頂いても宜しいですか?
B子さん:仕事はフリーランスのイラストレーター兼デザイナーをやってます。今年で5年目でそれまでは会社でデザイナーとか一般事務とかを経験してそれからフリーになったって感じですね。
━━━━━年齢とかお聞きしても大丈夫ですか?
B子さん:今年30です。
━━━━━今はデザイナーってよりはイラストレーターが中心?
B子さん:そうですね。今だとイラスト業が8割9割くらいでデザインが1割ぐらいですかね。
━━━━━ちなみに何系というか、イラストって幅広いじゃないですか?どういう系が多いんですか?
B子さん:ゲームイラストが多くて、自分のイラストを描くってよりは版権のイラストの作品の線画と着彩とか分業の部分を担当してることが多くて、ソーシャルゲームのキャラクターの線画、着彩と美少女ゲームの着彩とかが中心です。
━━━━━分業っていうのは線画と着彩以外にキャラデザとかってことですか?…はやらないってことですか?
B子さん:そうですね。ラフと線画と着彩があってその3つのどれかを担当するんですけど大抵は私は線画と着彩をやっててたま~にラフをやらせて頂いたりっていう感じですね。
━━━━━それってやり辛くない?人が描いた絵をブラッシュアップするみたいなことですか?
B子さん:あっそうですね。でも最近頂くやつはほとんどラフがもう線画ぐらい綺麗になってて、なのでもう整えるっていうよりはほとんどなぞる程度でOK出るんで、全然そんな大変では無いですね。多分ラフが一番大変かなって個人的には思うんですけど。

 

BLゲームが趣味

━━━━━相談内容を見た時に関係が無い2つのような気がしたんですけど、これは関係があるんですか?
B子さん:自分の中で考えた答えとしては収入を上げるっていうのはやっぱり行動力が大事だと思ってて、自分の中でどういう事をすれば稼げるっていうのは何個も考えつくんですけどそれに実行に至るまでに腰が重いというか「でもな~」みたいな感じでちょっと考えちゃって二の足を踏んでるから結果的に引っ込み思案な性格を直せば収入を上げる行動が出来るんじゃないかなって思って。それがセットになって。
━━━━━なるほど。じゃあ友達が欲しいとかリア充になりたいとかそういう方向じゃなくて、単純に仕事のために交渉力を上げたりとかそういうことですか?
B子さん:そうですね、はい。
━━━━━例えばいくつかあるっていうのはどういうのがあるんですか?
B子さん:私、仕事してる中で着彩の仕事が一番長く仕事させて頂いてて、会社員のときもグラフィッカーとして働いてたので着彩が一番得意なんですけど、それを活かして個人でスカイプとか使って着彩を覚えたい人に初心者向けとかに着彩を教える個人授業的なそういうのをやってみたいなーとかも考えるんですけど、知らない人とスカイプで電話して教えるのはちょっとなーとか。
━━━━━あまりイメージがつかないんですけど、それってどうお金に換えるんですか?個人授業で…
B子さん:1時間いくらとかっていう感じで。
━━━━━それは何かのサイトを利用してじゃなくて個人の口約束っていうか…じゃなくて?
B子さん:あっサイトとかでこういうのをやってますっていうので募ってそれでお問い合わせが来たらその方に教えるっていう。
━━━━━後は他に考えてることとかってあります?
B子さん:あとは同人活動とかですかね。自分の作品をアピールするって意味で、自分が好きなものを作ったりしてそういうのを作品にしてアップしていったりっていうことが今まであんまり出来て無かったんでそういうのをコツコツやってけばだんだんと人の目にも止まって「あっこんな人いるんだ!」ってなってそれが結果お仕事につながったらなって思うんですけど。
━━━━━それって人と会わなくても多分出来るものじゃないですか?やろうと思えば。それが二の足を踏んでしまう理由っていうのは何かあるんですか?
B子さん:同人活動は…何にしてもそうですけど準備がいるじゃないですか?準備段階でつまずいちゃうっていうか。日々仕事してるとちょっと使える時間をそういう自分の創作活動に当てるんじゃなくて、趣味に時間を使っちゃって。同人やるにしても作品作る時間が必要じゃないですか?前に同人誌とか出したこともあるんですけどすごい時間掛かったんで。また一からやるってなると「やるぞ!」って気持ちはあるけど「明日から」みたいな(笑)
━━━━━ちなみに趣味っていうのは具体的にどういう趣味があるんですか?
B子さん:趣味はゲームですね。
━━━━━あぁ!すごい時間を奪われる趣味ですね(笑)
B子さん:そうですね(笑)
━━━━━ちなみにどういう系の?
B子さん:最近はソーシャルゲームにハマっちゃてるんでほんとに日々…
━━━━━それは課金勢なんですか?
B子さん:そうですね(笑)
━━━━━どれぐらい1日やるときはやるんですか?
B子さん:でも推しキャラがいて、推しキャラのイベントのときだけ走ってるんで、毎月そんなすごい額を課金してるとかでは無くって推しキャラのガチャとイベントの時だけ目標まで走ったりとか…
━━━━━それ以外のゲームもやるんですか?
B子さん:えぇと…こんなお洒落なカフェで言うのもはばかられるヤツなんですけど…BLのゲームが好きで…そういうのを新作出たらやったりしてますね。
━━━━━それはどれくらいやるんですか?時間的には。
B子さん:それはやっぱり仕事の波がけっこうあるんで毎日何時間もやるっていうよりは仕事の時間ができたときにまとめてやるっていう感じなんでやる時はほんとに丸一日やったりすることもありますけど、忙しいとそんなには出来ないですね。

 

熱いファンを作らないと意味が無い

━━━━━単純にすごいなって思うんですけど、仕事が波はあるとは思うんですけどあるわけじゃないですか?僕に関して言うと漫画家かどうかすら怪しいみたいな。
B子さん:それもあって佐藤さんに色々お話聞きたいなっていうのがあって、ウーバーイーツとかも最近になったらけっこう流行ってるっていうか大きくなってますけど、そうなる前に書いてたりしたんでその流行りものを先に取り入れる力的なのがすごいあるのかなって思って。
━━━━━多分僕は単純にミーハーだと思うんですよ。ウーバーイーツとかも何か新しい働き方とか…そうですね、新しもの好きでありミーハーであるみたいなところがあって、「これをいち早くやって情報を発信したら面白がってくれる人がいるんじゃないかな」みたいなそういう若干やましい気持ちもありつつ、単純に興味もあるっていうか。僕も決して積極的じゃ無いんですよ。
B子さん:えー?
━━━━━多分見てくれる人がいなかったらやらないかもしれないし、それこそ。単純にもっと割が良いバイトやってるかもしんないし。そういう…欲みたいなものがありますね。うまく隠してますけど(笑)
B子さん:結局それがお仕事に繋がってったら成功ですよね?
━━━━━そうなんですけどね。
B子さん:何かその力が最近のビジネスに必要かなって思ってて、今の情報社会っていうかSNSで何でもすぐチェックするじゃないですか?そこでいち早く今流行ってるものじゃなくてこれからこういうのが流行るよっていうのを取り入れて情報として発信出来る人がいたらすごい需要があるなって思って。だからそういうサーチ力じゃないですけど、全然自分には無いんでそういうのもすごいお仕事としてプラスになるなーっと思って。
━━━━━僕、弱みとしてはアニメもゲームも見ないしやらないんですよ。だからそっち系強い人ってすごい有利だと思うんですよ。それこそ二次創作ってめっちゃバズるじゃないですか?定期的に流行りものって、アニメだったらポプテピピックとかけものフレンズとか出てきてそれをいち早く取り上げて二次創作する…。ほんとに好きな人が描いたら、描きたいから描いてるからモチベーションも高くやれるじゃないですか?そういうものってあります?
B子さん:一応その今ハマってるソーシャルゲームのキャラクターで同人誌出したり、絵とかはたまーに描いて上げたりはしてるんですけど。
━━━━━それって反応とかってあります?
B子さん:いやーあんまりですね(笑)私、美少女系寄りのタッチなんでやっぱりそういう絵の方がピクシブとかに上げるとブックマーク数とかは断然多いですね。男性キャラよりは。
━━━━━僕も仕組みは分からないんですよね。どうやったらバズるかみたいな。
B子さん:でもあたしが見た情報だとツイッターとかSNSってほんとにコツコツ毎日続けるのが大事でバズっても結局フォロワーってそんなに増えないらしくて、バズった人の話しによると。ただその時でちょっと増えてもまたすぐ外れちゃったり一時的なフォロワーなんであんまり意味は無くって。結局、熱いファンみたいなその人のことをちゃんと知りたいって思った離れない人を作らないとあんまり意味が無くって。それをやっていくのがやっぱり毎日コツコツ投稿するのがツイッターでもインスタでも一番良いよっていうのをSNSのお仕事してる人から聞いて。「あっそうなんだ~」と思って。YouTubeもちょっと見たんですけど、YouTubeでコメントに反応されてましたよね?何かひどいコメント…
━━━━━あぁ~そうですね。
B子さん:ちゃんとそれに答えてるのすごいなと思って。あのコメント…何か「裏切り者」(笑)あれどういうことなんだろうって。あれってアンチなんですかね?
━━━━━わかんないですね。けっこうブログもたまに来るんですよ。そういう耐性とかって自分であると思います?
B子さん:私、無いです。めっちゃ豆腐メンタルなんでそれもあって仕事でツイッターのアカウント作るのは怖いなっていうのがあって。趣味アカのツイッターもすごい人の反応気にしちゃうんで。
━━━━━踏み出せない一番の理由っていうのは、そういう批判が怖いって言うよりも時間的な面なんですか?
B子さん:時間的な面…もそうだし、やっぱりメンタル面もそうですね。何か失敗して傷つくのが嫌っていうのは昔よりは薄まってきたけど、いまだにやっぱりありますね。行動することによって。

スポンサーリンク

いじられキャラになるのは全然抵抗無い

━━━━━色んな承認欲求の満たし方があると思うんですけど、自分がいじられキャラになるみたいなのって…
B子さん:全然抵抗は無いです。
━━━━━岸田メルさんとかいるじゃないですか?あの方も全力で自分をネタにしてるじゃないですか?そっち方面を目指すっていうのは…例えばYouTubeとか顔出しはしないまでも、手元だけを映すとか出来ると思うんですけど、それをやってみたいとか思います?
B子さん:うーん何か、そういうのやってる人すごい周りで多いなーって思って見てはいるんですけど、やっても需要無いかなーって考えちゃうとそのことに時間を使うんだったら他のことの方がいいのかなーとか。
━━━━━多分向き不向きは確かにありますよね。YouTuberとか見てて、「これ自分でもいけんじゃないかな」っていう安易な気持ちで最近やり始めたんですけどやっぱムズイなっていう。自分の売りが何かとか。他の人とどう差別化するかとか。
B子さん:そこを掘り下げて自分の個性を伸ばしていくっていうのもすごい仕事に大事なところだなって思ってるんですけど、今までそういうことを考えて仕事をしてこなかったから、強いて言うなら仕事上では着彩が得意だからそれを活かした仕事をしようっていう考えで、個人授業とかは出来るのかなっていうのは考えたりはしたんですけど。

 

BL好きを全然認知されていない

━━━━━イラストレーターって人によると思うんですけど、個性を求められるのか一般ウケするというかみんなが共通して好きなモノを求められるのかとかどういう感じなんですか?
B子さん:個性が強すぎるとほんとに上手くて需要があれば「この人だから」っていうので案件が受注できたりはしますけど、大抵はやっぱり「このゲームにこういうタッチの人が必要だよね」みたいな感じである程度は個性はあってもやっぱり今流行りのものに合わせて、それに合ったテイストが描ける人が一番求められるかなっていうのはゲーム系だと強く感じますね。
━━━━━そこでなんか「私はこんなの描きたくない」みたいな気持ちにはならないんですか?
B子さん:私、お仕事で美少女系とかソーシャルゲームのこととかやらせてもらってますけど自分がやりたいのはBL系のイラストで男性をもっと描きたいなっていうのはあって。でも仕事が忙しいっていうのを言い訳にして作品とかを全然作って来なかったんで、そもそも私がBL好きっていうことも周りに全然認知されてないし、「美少女の人」っていう認識しか無いからお仕事を全然頂けて無いっていうのがあって。
━━━━━イラストレーターってそもそもどうやって仕事が来るものなんですか?ツイッターのDMとかで来るんですか?
B子さん:いや、ツイッターは今年始めたばっかなんでお仕事は1回も来たことないんですけど。メールで営業みたいな感じで、クリエイターのマッチングサイトみたいな「クラウドワークス」とか分かります?あぁいうサイトとかがいっぱいあるんですけど、そういうところで募集かけてる企業さんとか個人さんとかにひたすらアプローチして作品を送って、「こういう経歴を持っててこういう作品がありますよ」っていう感じで。「どうですか?」っていうメールをひたすら送りまくってそれで継続的にお仕事頂けるようになったりとか。
━━━━━じゃあご指名で向こうからくるみたいなことは滅多に無いんですか?
B子さん:そうですね、たまにブログ持ってるんで多分ブログ経由かそれかピクシブ経由、どこ経由か分かんないんですけどメールアドレスはいたるところに載せてるんでどこかからか見た方がお問い合わせ下さることもあるんですけど。
━━━━━でもすごいですね、ちゃんと受注できるの。

 

自分のスキルを使って稼ぐことで自己肯定感が高まる

━━━━━今はある程度生活していく上で困らない程度には仕事はある?
B子さん:今はそうですね。有難いことに一応は。
━━━━━それを上げたいっていうのは将来的にどうなるか分からないから今のうちに貯金しておきたいとかそういうことなんですか?
B子さん:っていうのもあるし、お金もたくさんあった方が時間もたくさん使えるじゃないですか?結果的に。それこそ例えば大っきな案件をもらったとして「今回は100万円の案件だったから数ヶ月自分のためだけの時間を使うぞ」っていうことが出来るじゃないですか?極論ですけど。
━━━━━それはイラストの仕事じゃなきゃいけないんですか?例えば、キャバクラとかで…
B子さん:いやぁ…
━━━━━キャバクラは例ですけど、何か高時給のバイトを何ヶ月間かやるみたいのは嫌なんですか?
B子さん:それじゃあ意味が無いですね。
━━━━━意味が無い?
B子さん:自分のスキルを使って稼ぐことで自己肯定感が高まるというか。でもそれこそ私もイラスト以外にも自分の力で稼げたらブログとかでもいいなーって思ってブログとかもちょっとやってみたりもしたんですけど、やっぱり続かなくって(笑)
━━━━━ブログ、ムズいですよね。
B子さん:私、全然仕事と関係ないところでお料理ブログやってたんですけど、レシピ載せたりあとグルメ情報とか。でも全然カウンターが本当に10人、20人みたいな感じで。
━━━━━そうなんですか?需要ありそうな気もしますけど。
B子さん:でもブログで稼ぐにはやっぱり副業とかそういうのが一番儲かるらしいです。副業の情報を載せる。ブログで稼ぎたい人のために情報をまた載せるっていう。こうしたら稼げるって。
━━━━━それって…それをやってる人に申し訳ないけど、それってなんか意味あんのかなって思っちゃう。稼げるんだろうけど、ねずみ講じゃないけど何も生み出してない気がして。
B子さん:そうなんですよ。だから私はそういう意味で単純に高収入のバイトとかキャバクラとかは自分にとっては、人として何か成長できるところもあるかもしんないですけど、自分にとってはもっと他のことの方が価値が高いって思ってて、だからブログで稼ぐにしても自分は料理が好きなんで料理ブログで伸ばしていきたいっていう、イラスト以外でも自分の好きなことに関することならいんですけど、そういうので何か稼いでいけたらなーとは思うんですけど、考えたら一番良いのはイラストなのかなって思って。
━━━━━お話聞いてると知識というか、「多分こうすれば良いんだろうな」っていう知識とか考えは持ってるけど、行動に移せないっていうのが問題なんですかね?
B子さん:そうですね。
━━━━━ってなると性格直ったら行動すると思います?自分で。
B子さん:…と思ってます。後は時間の使い方をうまくすること。仕事が忙しいを理由に他のことを始められないんじゃなくて忙しい中でも時間をうまく作ってこの時間はブログならブログを更新する時間とかっていうのを毎日の習慣として時間を確保するっていうのが出来ればなぁーって思って色々自分なりに頑張ってやってはいるんですけど、なかな今日は1時間これができたとかほんとにちょっとぐらいしか動けてないのが…。
━━━━━ほんとに好きなことってやろうと思ってやらなくても勝手にやってるものだと思うんですよね。僕も今も悩むところではあるんですけど、ブログやったりとかYouTubeやったりとか続かないっていうはやっぱり心のどこかで作業になっちゃってるんだろうなと思って。村田さんっているじゃないですか?アイシールド描いてる。多分ほんとに絵が好きなんだろうなっていう。ずっとラクガキとかを本業忙しいだろうに描いてたりとか。そういうものがあれば多分いいんだろうなとは思うんですけど。何かあります?
B子さん:たぶんそれすごい当てはまるというか、そうだなって思って。前は絵を描くことがすごい好きだったんですけど、それ以上にBLゲームが大好きになっちゃって。前は絵の仕事をしたいって思って絵のことばっかり考えてたはずなのに、今は絵は仕事で趣味はもう全力でゲームに注ぎたいみたいな。だから趣味で絵を描くっていうよりはもうほんとに作業みたいな感覚がどこかにあるのかなって。描いてて楽しいんですけど昔みたいに純粋に絵を楽しんでるっていうよりは仕事にしたことによってどこかなんか…
━━━━━そうなんですよね。「好きだったはずなのに」みたいな。

スポンサーリンク

自分でゲームを作りたい

B子さん:将来的に収入上げてやりたいのは、自分の時間作っていろんなことしたいっていうのもあるんですけど、収入上げて会社を作って自分でゲームを作りたいっていうのもあって。
━━━━━めちゃくちゃすごい夢じゃないですか。ゲーム会社を作りたいんですか?
B子さん:最悪会社作れるほどの稼ぎが無かったら同人でもいいんですけど。そこはまだ考えてないと言うか。同人ゲームでも自分で作れればなーと思って何回か動いたことがあって結局挫折しちゃったんですけど。
━━━━━同人ゲームっていうのは…そうか、漫画の同人と一緒ってことですか?会社を通すか個人でやるかってことですか?
B子さん:そうですね。会社じゃなく個人でフリーソフトとかでゲームを作るソフトがあるんですよ。吉里吉里(きりきり)とかっていう。そういうのを自分でさわったりして、アドベンチャーゲームとかサウンドノベルっていうんですかね?そういうのが好きなんで、ライターさん探して自分は絵を描いて、あとデザインも出来るんでデザインと絵は自分でやってゲームを出せたらなっていうのを考えたりしつつ出せてないっていう(笑)
━━━━━それはどういう理由でダメだったんですか?時間的な問題なのか、モチベーションとか?
B子さん:時間もモチベーションもそうですし、あと人もですかね。自分が文章書ければいいんですけど文章が書けないんでライターさんを探したんですけどけっこう同人ゲームってシナリオライターさんとイラストレーターが二人で完成させてることとかけっこうあって。なんで「私ともう一人、本を書ける人がいれば完成する!」って思ったんですけど、ライターさんとやり取りしたら途中からお返事帰って来なくなっちゃって(笑)結局「じゃあ自分で文も書けるようになるしかないかな」と思って文の勉強とかをちょっとやったんですけど文章書くのが下手くそ過ぎて、もうこれに時間かけてるんだったらやっぱライターさん探した方が良いかなーとかって思いつつも、またお返事返ってこなくなったりうまくいかないんじゃないかって思うと腰が重くなっちゃって。
━━━━━仮に自分がイラストも文章も書けたとしたら出来るもんなんですか?フリーソフトだけで。
B子さん:出来ますね。
━━━━━それで稼いでる人とかもいるんですか?
B子さん:そうですね。同人からプロになった方ってすごい多くって。「ひぐらしのなく頃に」とかあれとかも元は同人だったじゃないですか?が、すごい売れたから商業になって色んなところで流通してアニメにもなったりしてっていうふうに展開されてったと思うんですけど。
━━━━━漫画に置き換えて言うと、負け惜しみかもしれないけど出版社でやるメリットをあんまり僕は感じなくなってしまって。会社で通してやるメリットってあんま無いんじゃないかなっていう方向で個人でやれないかなって色々やってるんですけど。ゲーム業界においてどうなんですか?同人でやれば権利とか縛られないし、自分の好きなように売れるしってあるじゃないですか?
B子さん:同人はやっぱり、企業とか通すと販促力が違うじゃないですか?やっぱりお金のかけ方というか。ゲームに限っての話で言うとそういう店舗に置いてもらうには商業として流通してないと。今、同人が強い店舗もあるんですけどでもやっぱり商業の方が強いなっていうのはあって。だから自分がお金さえあればそういう方向でゲーム出せば楽しいだろうなって思いますね。
━━━━━それが今のところの一番のゴールというか、そこが目標なんですか?
B子さん:そうですね。はい。

 

上手い人を見ないと置いてかれる

━━━━━他のイラストレーターとかに嫉妬したりとかってします?
B子さん:常にします(笑)
━━━━━それってプラスに働く人とマイナスに働く人いると思うんですけど、「私ももっと上手いの描きたい」みたいになるのか、「作品を出すのが怖い」みたいになるのか。
B子さん:「もっと上手くなりたい」ですね。
━━━━━あぁじゃあ良い方向なんですね。僕、SNS見なくなったのもそれもちょっとあるんですよ。他の人の活躍を見たくないみたいな。バズってる人とかの情報を入れないことによってメンタルを保つみたいな(笑)そういうのは別に、上手い人のを見たら嫉妬はするけど、「見たくない」みたいな感じではない?
B子さん:イラストに関して言うと、塗りとかってすごい流行が反映されるというか移り変わりが激しくて、絵柄も多分そうだと思うんですけど。逆に見ないと置いてかれるというか、「今こういうのが流行ってんだ」みたいな。「こういう塗り方が今の流行りなんだ」っていうのがすごい勉強になるから逆にピクシブとかで上手い人見ないと何か置いてかれちゃうというか自分がいつまでも古いままになっちゃうなっていう。

 

異業種交流会で友達が出来た

━━━━━イラストレーター同士のコミュニティみたいのってあるんですか?知り合ったりとか。飲み会とかってあったりするんですか?友達みたいな。
B子さん:あたし全然友達いないんで。でも、最近は異業種交流会に行ったりとかアーティストを育てるLINEのグループっていうのがあって、そういうのに参加したりして、クリエイターのつながりをもっと増やしていろんな情報共有とか知識とか増やせたらなって今更ながらに思って。それもあって最近はちょっとずつ行動しようっていう感じで頑張ってはいるんですけど。
━━━━━何かその~…じゃあ引っ込み思案じゃないんじゃないですか?
B子さん:めっちゃ頑張ったんですよ!だって、今日だって満を持してみたいな感じで。
━━━━━じゃあ最初壁はあるけど、仲良くなってからは別に人と連絡取り合ったりするのは苦では無い?
B子さん:そうですね。
━━━━━僕も異業種交流会じゃないですけど、飲み会とか交流会みたいの行く時あるんですけど、あれって実際どうですか?意味あります?何か名刺交換するけど、そっから連絡来たことって無いしどうなんだろうなって思うところあるんですけど、そこから何か人脈が広がったりとか仕事繋がったりとかって実際ありました?
B子さん:無いですね(笑)お仕事的には何にも無かったけど、漫画志望のお友達が出来たからすごい行って価値があったというか「良かったなー」って思って。それでちょっとまた異業種交流会行ってみようかなって。前はそれこそ意味無いなって思ってたんですけど。
━━━━━飲み会とか行ったりとかして友達は出来るけどそれが仕事になるかって言うと、そうでは無いから、じゃあ逆にそういうそれこそランサーズとかクラウドワークスとかそういうのでいいってことですよね?自分の時間とかお金とかが出来たら、そういうの使って人集めればやろうと思えば出来るっていうことですか?
B子さん:ゲームですか?
━━━━━ゲームとかそういう…
B子さん:そうですね。ただ、今の働き方だと受注ベースで自分が手を動かさないと稼げないじゃないですか?だから、稼ごうと思って仕事をすればするほど忙しくなっちゃって他のことが全然できてないからゲーム作りとは程遠くなってしまうというか。それも言ってもそんなめちゃくちゃ稼げるわけじゃなくてコツコツ数で稼ぐみたいな働き方をしちゃってるんでそこらへんも要領が良くないなっていうか、もっとこう自分の時間を作りつつ収入を上げる方法を考えてかなくちゃなって思って、それもあってブログとか、受注ではなくてストック収入みたいな名前があるんですけど、自分が受注して稼ぐんじゃなくて、不労所得的な1回何かビジネスモデル的な何かを作れば定期的にお金が入ってくるっていうのをやっていけば収入は上がるよっていうのを最近聞いて、そういうのもやってかなきゃなと思うんですけど。

スポンサーリンク

YouTubeはやりたくない

━━━━━文章書くのは好きなんですか?
B子さん:好きじゃない。
━━━━━好きじゃない(笑)好きなんだとしたらnoteとかあるじゃないですか?それでイラストの描き方講座じゃないですけど、こうやって描きますとか美少女の描き方みたいなのってある程度需要あるのかなって思ったんですけど。そういうのは別にやりたくないって感じですか?
B子さん:noteってそういう講座みたいなのもあるんですか?
━━━━━使い方次第ですかね。やっぱり文章で書くよりも動画の方が良いのか。
B子さん:YouTubeですか?
━━━━━それをやらない理由って何って言いましたっけ?
B子さん:需要が無い(笑)
━━━━━なるほど。めちゃくちゃ差別化された何かを上げるか、もしくは自分自身が有名人になるかっていう二択なんですかね。その、見てもらうには。それだったらどっちがやれそうとかあります?
B子さん:有名になるか…
━━━━━何かしらの方法で有名になったら多分何してもある程度需要が生まれると思うんですよ。文章書いても、単なる「今日何しました」だけでも。それこそ有名人になったら気になる人いるし。それか自分なりの独自の…

~お会計~

━━━━━需要が無い…。
B子さん:需要が無いのと大してやりたくないっていうのがある(笑)
━━━━━それは何でなんですか?めんどくさいみたいな?
B子さん:自分が楽しんでやれなそうというか。
━━━━━キャバクラとかじゃなくて自分のスキルを活かしてってことですよね?ゲーム実況とかダメなんですか?自分の好きなゲームでそれをこのゲームが好きでたまらないみたいな人のものって多分面白い気がするんですけど、そういうのはどうですか?
B子さん:ゲーム実況ってお金につながります?YouTubeですか?
━━━━━道のり長いですよね。人気になればそれこそ広告収入でっていうのはあると思うんですけど。
B子さん:何か今YouTube厳しくなって何万再生以上とかじゃないと広告がつけれないとかすごく厳しくなっちゃったんですよね?
━━━━━そうなんですよ。例えば、それがすぐの収入にならないとしても、もしそれで有名になれるとしたら、なおかつ自分も楽しいとしたらやりたいと思います?ゲーム実況みたいな。
B子さん:そうですね。自分が楽しくてコツコツ続けて収入になるんだったらやると思いますけど、色々調べて頑張っても大した収入にならないなっていうのを思っちゃうとその時点で「あっじゃあいいや」って思って、だったら結局自分が受注ベースでもっとイラストのお仕事頂けるように頑張るしかないのかなって思って他の事に手が出せていないっていう。

 

絵を描くのにすごい時間が掛かる

━━━━━二次創作の絵とかをSNSにアップしてた時期もあるんでしたっけ?それがもしめちゃくちゃバズるみたいな状態になったらやるんですかね?毎日やった方が良いみたいな考えがあるけどそれをやらないのは時間的なもの?それをやるんだったらちゃんとお金をもらえる仕事をやった方がいいっていうことなんですかね?
B子さん:…もあるし、あと絵を描くのにあたしすごい時間が掛かっちゃって、例えば1日1時間描くっていってもラフの半分もいかないぐらいなんですよ。じゃあラクガキだったら毎日載せれるかなーと思ってちょっとラクガキも描いたりしたんですけど、基礎画力があんまりあたし無くって、ラクガキって多分画力がすごい高い人はササって描いても上手で絵になるんですけど、あたしは塗りでカバーしているところがあるので、時間を掛けて完成させて自分の弱い所をカバーしてるから、そこまでの状態に持って行きたくてラクガキだとそれこそ載せても恥ずかしいし、イイネも付くはず無いって感じなんで。
━━━━━好きなものなら続けれらるって話しとは逆行する話しかもしれないんですけど、「しかるねこ」とか分かります?あの方がどういう気持ちでやってるのか分かんないですけど、簡単な絵でバズりそうなものを…キャラクターとか考えてそれをアップし続けるみたいなのを…気持ちを「これはもう自分を有名にさせるための道具」みたいな考えでやるっていうのは考えとしてアリですか?
B子さん:なるほど。
━━━━━あの方がどうなのか全然知らないですけど。
B子さん:ツイッターってそういうのが流行る傾向というか何か…
━━━━━一個当たればめっちゃデカイじゃないですか?それともちゃんと自分の作りこんだ絵で評価されたいみたいなのあります?
B子さん:私、美少女系の漫画タッチの他にそういうサンリオみたいな絵でもお仕事したり趣味で描いてたりもしててそれはまた別アカウントで持ってるんですけど、でもあぁいうのって絵だけじゃなくて言葉載せないといけないじゃないですか、何か。キャラクター性を持たせるみたいな。
━━━━━「肯定ペンギン」とか。
B子さん:そう!あれとかほんとにアイデアが良いっていうか絵も可愛いですけど。
━━━━━そういうセンスは自分にはあると思います?
B子さん:いや無いと思う(笑)そういうの恥ずかしいって思っちゃうっていうか。それでバズらないで毎日毎日「大丈夫?」みたいなのやってたら…
━━━━━死にたくなりますね(笑)
B子さん:ちょっと…
━━━━━お気に入り1みたいな感じで。
B子さん:何か…精神状態がほんとに…。
━━━━━でも無限にアカウント増やせるじゃないですか?それで誰も見てないけどある日すごい有名な人が「これ面白いね」みたいなこと言って、可能性はあるじゃないですか?これは全然知らない自分とは別人格って装えば痛みは無いんじゃないですか?スベリ続けたとしても。
B子さん:そこがすごい疑問で、そういうコンテンツとかってブログの収入上げるには複数の運営した方がやり方として良いっていうのは見たんですけど、イラストレーターとしてやるときにコンテンツごとに自分の名義を分けた方が良いのか、それとも全部一緒にして結果的に伸びたとしたら伸びた時に一緒にこう「この人こんな事もやってるんだ」って知れた方が良いのかどっちなのかが分からなくて、どうなんだろうって思いますね。
━━━━━確かにそっか…。そのキャラクターだけ流行ってもあんまり自分にメリットが無いとしたらあんまり意味がないのか。
B子さん:それこそイイネ2とかだとしても肯定ペンギンを私がお仕事用アカウントでちょっとずつでも上げたとしたら、それを見てくれたイイネ2してくれた誰かが「こんなイラストレーターがいるんだ」ってなったら結果的にはプラスかなって考えたらアカウントは分けない方が良いのかなとも思うんですけど。でもそもそも肯定ペンギンを自分の仕事用アカウントでやっていくメンタルの強さが無いので…。

 

自分をさらけ出すこと

━━━━━自分のそれぞれの分野のファンっていうよりは、自分自身のファンになってくれたらいいなって思うんですけど、それを何か…エッセイとか読まなかったんですよ、今まで。ですけど東村アキコさんのエッセイを…「かくかくしかじか」って読みました?
B子さん:読んでないです。
━━━━━あれを読んだときに、描いてる人をすごい好きになったんですよ、何か。過去こういうことがあって、今努力してこうなったとか。その人好きになるってめっちゃ強いなって思うんですよね。
B子さん:東村アキコさんはそういう感じで、ご本人もコンテンツとして売ってる感じがしますよね。
━━━━━そうなると、色んな分野で発信してもその人自身が好きだから見てくれるっていう状況を作れると思うんですけど、となるとプライベートを晒すとか(笑)
B子さん:捨て身ですね(笑)
━━━━━僕自身がそれだから。
B子さん:それすごい疑問だったんですけど、佐藤さんツイッターとか自分に悪影響なものをシャットダウンするために見ないって言ったじゃないですか?でもそういう捨て身になることは出来るんだなっていうのがすごいなって思って。
━━━━━何か多分自信が無いからこそなのかもしれないですね。自分の漫画とか自分の絵とかにすごい自信があればそれだけで勝負出来ると思うんですけどそれでは勝てないと…尾田栄一郎先生には逆立ちしても勝てないから、じゃあ自分で興味持ってもらえるもの何かなって思った時に、そういう自分の恋愛とかだったら興味持ってもらえるかなと思って出してるだけなんですよ。それがたまたま自分のプライベート暴露するみたいな形だっただけなんですよね。
B子さん:それが需要があるんだったらやろうって思える気持ちが自分には無くって、何かそれこそイラストレーターとか漫画家さんでどういう生活してるとか、どんな人っていうのは多分どういう人でも需要はけっこうあるような気がして。中の人を知りたいじゃないけど。どういうことをしてるのかとか、人間性とか。だから「そういう部分をもっとさらけ出したら?」って他の人にも言われたことがあって。でもそんな怖いことはあたしには出来ないと思って。
━━━━━どこまでミステリアスにしたいみたいな。別に女性であることを隠してるとかそういうのは無いんですか?
B子さん:あんまり自分のことを仕事を下さる…会社の人だったら会社訪問するんで全然関係無いんですけど、個人の方とかの依頼も受けてるんですね。個人観賞用とか、趣味とかで。そういう方とかにあんまり自分を知られたくないっていうのはありますね。
━━━━━あぁプライベートまでは知られたくない。普通はそうですよね。
B子さん:っていうのも私美少女系描くって言ったじゃないですか?男性の依頼下さった方が割とセクハラじゃないですけど、本人自覚無いのかもしんないですけど私が女性って分かってて言ってくる発言とかもあってそういうのがあると思うと嫌だなと思って。

スポンサーリンク

二次創作で人が求めているのは漫画

━━━━━漫画とかは描かれないんでしたっけ?
B子さん:漫画は下手くそ過ぎてちょっと諦めました。
━━━━━今までネット上で、文章でも絵でもいいんですけど一番反応あったものって何かあります?
B子さん:一番反応あったもの?ピクシブで言うとイラストコンテストに応募した人外の女の子の絵があるんですけど、それは一番反応が良かったですかね。オリジナルで言うとそれで、二次創作で男キャラですごいブックマーク付いたのはあるんですけど、それは今流行りのジャンルだからっていうのもあると思うんですけど。それは多分私の評価では無いなって。
━━━━━二次創作キャラを上げ続けてそれで人気になっても別に嬉しく無いって感じですか?
B子さん:好きな作品の二次創作を上げ続けてそれで人気に結果的になれるんだったら良いなーとは思うんですけど、でも私の好きな作品はソーシャルゲームは人気作なんですけど、BLゲームは多分業界自体がすごい小っちゃくて人気に繋がるかって言うと微妙なんで描き続けてそうなったらいいですけど、どうなんだろう。でも二次創作だと結局人が求めてるのって漫画な気がするんですよね。絵じゃなくて。絵も上手いにこしたことは無いですけど、女性向けで言うと絵プラス漫画みたいな。その人の描く漫画が好きだからその人が好きになるみたいなのがあるから、漫画が描けないと二次創作の絵だけでめちゃくちゃ人気になるっていうのは男性向けだったらあると思うんですけど、女性向けはあんまりそういうイメージが無いです。
━━━━━時間なんですけど、ちょっと何かお話を聞いただけになってしまったんですけど、何か具体的にこうすればいいっていうのを言えればいいんですけど。
B子さん:お話した中でけっこういろんなヒントみたいなものは頂いたんでそれで自分で何か動かしていける事がありそうな気がします。
━━━━━であれば有難いんですけど。自分のファンを作るって意味では何か目標をブチ上げて「私頑張ってます」みたいなのをするのが良いなって思っていて、カジサックって分かります?YouTuber。キングコングの梶原って分かります?
B子さん:やってるんですか?
━━━━━「(登録者)100万人行かなかったら芸人辞めます」みたいなの言ってて、僕も彼女を作りますって言うのもある種そうなんですけどゴールを設定してそのためにこういうことをしてますっていうのを発信することによってファンとか応援してくれる人って増える気がしていて、それがB子さんにとって例えばゲームだったりするのかもしんないけど、それを宣言してしまって「そのために今、私こういうのやってます」とか、ブログであったり何かしらの方法で発信することによって応援してくれる人って増える気がするんですよね。まぁどういう方法か分かんないですけど。
B子さん:最初に言ったみたいにBLゲームを作りたいでも何でも…
━━━━━何か大きな夢を語ってそのために私これやってますよっていうのを日々発信することによってファンって増えるんじゃないかな…まぁ1つの方法として。っていうのは思いましたね。
B子さん:なるほど。ちょっと怖いですけど(笑)

以上が、B子さんとの会話です。それでは改めて僕の回答をまとめます。

B子さんのお悩み

「引っ込み思案な性格を直したい。今の仕事で収入を上げたい。」

佐藤ダインの回答

「BLのイラスト、または漫画を描く」

「引っ込み思案な性格を直したい」とのことですが、お話を伺ってみて引っ込み思案というよりも、真面目で現実的だからこそ一歩が踏み出せないのかなと思いました。逆に言えば、「何も考えず取り敢えずやってみる」という性格になれれば問題は解決することと思いますが、それは一朝一夕では不可能でありますし、僕は専門家ではないので性格の矯正の仕方は分かりません。しかしながら、それでは元も子もありませんので僕なりの考えを述べさせて頂きます。

まず、問題を解決する上でいくつかのルートがあるかと思いました。大きく分けるとこうです。

A:今までやってきたことを継続する。
B:今までやっていないことに挑戦する。

Aに関しては、おそらくB子さんの求める回答とは異なるとは思うのですが、現在の本業に専念することで徐々に実績と知名度を積み上げるという考え方です。B子さん自身がおっしゃっているように、「おそらくこうすれば収入が上がる」というプランがあっても行動に移せないのは性格によるところだと思いますが、それを今まで出来ていないのであれば、急に明日から出来るようになるとは考えにくいです。であれば、それらの考えを捨てて、本業に集中するという考え方です。

Bに関しては、これまでの本業にプラスして何か新たなことに挑戦するという考え方です。これを実現する上でいくつかの条件があることと思います。
・スキルを活かせること。
・好きなこと(やりたいこと)であること。
・需要があること。
・ストック収入であること。

この条件を踏まえつつ、会話の中で出てきたいくつかのプランについて検討してみようと思います。

a.会話系
1)着彩の個人授業
スキルを活かせるという意味ではアリだと思います。ただ、単価にもよると思うのですが、結局は時間を消費して収入を得る形になりますので、形式は違えど本業で収入を得ることとあまり違いが無いように思います。また、個人とのやりとりになるためプライバシーの面や嫌がらせなどの可能性を考えると不安があります。

b.同人系
1)同人誌
時間がかかるので難しいかと思います。

2)同人ゲーム
時間がかかることと、人材的な面ですぐには難しいかと思います。

c.テキスト系
1)ブログ
お料理ブログをやられていたとのことですが、需要が見込めないのであれば継続は難しいと思います。

d.動画系
1)YouTube 
生放送では無くても、着彩の様子を動画にしてアップすればある程度需要はあるように思います。ただ、やりたい方向性とは違うかもしれません。

2)ゲーム実況
BLのゲーム実況、僕は見てみたいです。ただ、収入が見込めないとのことですので難しいかと思います。

e.イラスト系
1)キャラクター
イラストは描けてもそれに添える言葉が必要なので難しいかと思います。

2)美少女
需要はあるけれど、作業になってしまうため難しいかと思います。ただ、知名度を上げるための仕事と割り切って描くのはアリかもしれません。

3)BL
スキルを活かせて、なおかつ好きなものであるので一番可能性があるかと思います。しかしながら需要の面で心配はあります。

f.漫画系
1)BL(作画)
「BLの二次創作で求められてるのは漫画」とのことですので、漫画に挑戦してみてはどうでしょうか?ただ、いきなりは難しいと思いますので、ネーム原作を描いてくれる人を探して共作してみるのはどうでしょうか。

2)BL漫画の描き方
「美少女系イラストレーターがBL漫画に挑戦してみた」的な感じで、現状漫画が描けないのであれば、それ自体をネタにしてしまってBL漫画が描けるようになるまでの過程をコンテンツにするというのはどうでしょうか?たとえばBL漫画やゲームでありがちな展開や構図などを分析してみるなど面白いと思います。

これらのことはすでにB子さん自身が検証済みかもしれません。その上で行動出来ないということかと思います。ですので、僕なりにどうすれば行動出来るようになるか考えてみました。

1、反応を気にしない
SNSの通知が来ない設定にすることで、反応が気にならなくなります。ただし、SNS上の交流も無くなるのでリスクはあります。

2、そもそも誰も見てない
フォロワーが少ないのであれば、それを逆手にとって「そもそも誰も見てないのだから、下手(未完成)でも良い」という思考に持っていきます。

3、宣言する
「毎日○○をやります」と宣言することによって自分を追い詰めることができます。

BLゲームが好きでBLのイラストを描きたいけれど、美少女イラストの仕事が多いという現状だと思いますので、直接的な収入にはならないとしてもBL関係の絵を制作してSNS上に継続してアップすることが現実的であり、有効であると思います。もし、漫画の方が需要があるのだとすればf.で述べたように原作者を探すか、漫画に挑戦すること自体をコンテンツにしてみてはいかがでしょうか。

以上が僕の回答です。

さて、『佐藤ダインのリアルお悩み相談室』ではお悩み相談をして頂ける方を随時募集しております。募集記事を参照の上、お気軽にご応募下さい。それでは、次回もお楽しみに!

【これまでのご相談】
case01「株や仮想通貨で資産が少なくとも数千万円ありますが彼女がいません。どうすれば彼女が出来ますか?」

case02「街コンやデート、LINEをしているとその女性を好きなのかわからなくなることがあり、婚活などに参加するようになって丸二年になるが、全く彼女ができずとても悩んでいる」

case03「地下アイドルの応援の仕方について話したい&ネットを使って生きるにはどうすればいいか」

case04「結婚して出産したいが、相手探しの具体的なストーリーを描けない &人生の目標がない」

case05「友達が少ない(いない?)です。ちなみに、彼女もいません。」

 case06「10代から20代前半にはあった誰かを好きになるという気持ちが全く無くなってしまった。どうすれば以前のような気持ちが再発するのか。結婚はどうしてもしないといけいないのか。」


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です