沈黙

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙-サイレンス-」を立川で観てきました。

遠藤周作「沈黙」が原作とのことですが、未読のまま観てきました。
スコセッシ監督が日本を描くということで公開を楽しみにしていました。
以下、ややネタバレを含むかもしれません。ご覧になる予定の方はご注意下さい。


スポンサーリンク


江戸時代初期、日本においてキリスト教が厳しく弾圧されていた頃のお話です。ポルトガルの二人の宣教師が数年前に日本に渡った師の消息を探すため、キチジロー(窪塚洋介)を案内役に日本へ密航する。そこには役人から身を隠しつつキリスト教を信仰する切支丹の村があった…。という導入です。

僕は宗教について無知ですし、キリスト教の歴史も良く分かりません。それでもこの映画を通して、宗教って何なんだろう?と考えさせられます。洋画を観ているとよくキリスト教をモチーフに話が展開したり、教会が出て来たりと生活に根付いているのを感じます。

なぜ宗教が生まれたのだろう。人を不安や恐怖から救済するため?映画の中で、キリスト教を信仰しているかどうかを確認するために、役人によって村人が「踏絵」をさせられるシーンが何度も出てきます。そこで村人達は究極の選択を迫られます。神への信仰を示すために踏まない。もしくは神を裏切って踏む。動作としてはとても簡単な動きですが、そこには重大な意味があるようです。もし踏まないのなら連行されたり、殺されたりします。それでも踏まない者もいるのです。

映画で「彼らは殉教することで神への信仰がより強固になると信じている」というニュアンスの台詞がありました。僕はそれはとても恐いなと思いました。死後の世界があって、そこは飢えや苦しみがない。それはとても素晴らしいことですが、そのためには現世でどんな苦しみにも耐えなければなければならないのでしょうか。現状の苦しさを変えられないならせめて死後の世界で…ということなのだろうか。それでもやっぱり現世で幸せになりたいです、僕は。

宗教を広める意味って何だろう?国をまとめるため?人それぞれ信じるものがあれば良いのでは?

主人公は、棄教(キリスト教の信仰をやめる)をすれば村人が助かるという状況に何度も遭遇します。そのたびに神の沈黙を感じます。主人公が最期、どのような選択をするのか、是非確かめてみて下さい。

「沈黙」は面白かったし、色々考えさせられたけど、スコセッシ監督だったら、何も考えず、ぶっ飛んでるレオ様がただただ愛おしい「ウルフ・オブ・ウォールストリート」もお勧めです。


スポンサーリンク